駅の文字、電車の文字 鉄道文字の源流をたずねる

駅の文字、電車の文字

『本誌2016年4月号(通巻660号)』の「車内放送」欄にて,駅名標や車両内外の標記,形式名やナンバープレートの書体(字体)などに採用されている独特なデザインの文字「鉄道文字」を見聞した一冊『されど鉄道文字』をご紹介しました.このたび刊行された本書では,先述の一冊と同じく中西あきこ氏が,こうした「鉄道文字」についてさらにひも解き,駅や車両の文字や標記がじつに奥深いものであるのかを伝えています.じつに意義のある一冊で,盛りだくさんのエピソードが詰まっており,夢中になって読み進めてしまうことでしょう.本書を読んだあとに,駅や車両の標記を気にしてみると,じつに長きにわたり活躍を続けている案内板が意外な所にあることにも気づきます.

著者中西あきこ
発行鉄道ジャーナル社
仕様新書判 248ページ
定価本体800円+税
発売日2018年9月14日
購入する駅の文字、電車の文字 鉄道文字の源流をたずねるをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年12月号掲載| 鉄道ジャーナル社の記事一覧