京都しあわせ倶楽部 鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ

鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ

梅小路蒸気機関車館の施設,それに隣接して建設された施設からなる鉄道の博物館,京都鉄道博物館が2016(平成28)年4月29日にオープンしました.多くの貴重な車両が収蔵された大規模な博物館で,このオープンにより,京都も「鉄道の聖地」と呼ばれることになりましょう.これを機に発行されたと思われる本書は,京都鉄道博物館を一足先に案内し,京都市交通局の路面電車に再会することができる梅小路公園,京都駅の140年にわたる歴史,梅小路蒸気機関車館の思い出話,梅小路運転区などの紹介があり,京都鉄道博物館に収蔵される蒸気機関車の詳しいプロフィールについても詳しく綴られています.京都駅や京都鉄道博物館のほど近くに京都本部があるPHP研究所だからこその一冊,といった感想を持ちました.

著者芦原 伸.天夢人(編)
発行PHP研究所
仕様新書判 216ページ
定価本体900円+税
発売日2016年3月 8日
購入する京都しあわせ倶楽部 鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年6月号掲載| PHP研究所の記事一覧

鉄道ファン2019年9月号