そうだったのか、路面電車 知られざる軌道系交通の世界

そうだったのか、路面電車

交通新聞社新書128.一般的な鉄道路線とはその様相を異にするほか,軌道法により区分されている軌道線は,「路面電車」としてそれぞれの街と密接に寄り添いつつ,日本各地に存在しています.本書は,こうした軌道線の魅力を一挙に綴った一冊となっています.軌道線の誕生から現在に至るまでの経緯がわかりやすく解説され,本書の後半では,日本各地の軌道線について概観されています.以前は古典的な交通機関といったイメージのあった軌道線に対して,近年は次世代の交通機関というイメージを持つ人もだいぶ増えてきたように思います.本書は,こうした動きを含めて,それぞれの個性を引き出しつつ,みなさんを「路面電車」の世界に誘ってくれましょう.

著者西森 聡
発行交通新聞社
仕様新書判 240ページ
定価本体800円+税
発売日2018年12月15日
購入するそうだったのか、路面電車 知られざる軌道系交通の世界をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入するそうだったのか、路面電車 知られざる軌道系交通の世界をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2019年3月号掲載| 交通新聞社の記事一覧

鉄道ファン2019年5月号

鉄道ファン2019年5月号(通巻697号)
発売日:2019年3月20日
定価(本体1046円+税)