交通新聞社新書121 プロ野球と鉄道 新幹線開業で大きく変わったプロ野球

プロ野球と鉄道

昭和の時代が終わろうとしているころ,日本のプロ野球球団の多くを鉄道事業者が所有していました.プロ野球の試合に際しその観客を輸送すべく,興味深い取組みを行なっている鉄道事業者があります.本書は,そうしたプロ野球球団と鉄道との密接な関係についてさまざまな切り口から検証,考察するといった,ユニークな発想のもとでできた一冊になっています.

著者田中正恭
発行交通新聞社
仕様新書判 256ページ
定価本体800円+税
発売日2018年2月15日
購入する交通新聞社新書121 プロ野球と鉄道 新幹線開業で大きく変わったプロ野球をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する交通新聞社新書121 プロ野球と鉄道 新幹線開業で大きく変わったプロ野球をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年5月号掲載| 交通新聞社の記事一覧