新幹線ネットワークはこうしてつくられた 技術の進化と現場力で築いた3000キロ

新幹線ネットワークはこうしてつくられた

交通新聞社新書 115.現在,新幹線の総延長は,山形新幹線や秋田新幹線といった新幹線と直通運転が行なわれている在来線の区間を含めると,3282営業キロに及び,大規模なネットワークが形成されるようになりました.本書では,こうしたネットワークがどのように広がっていったのか,その際にどのような困難があったのかなどを,歴史の面だけでなく,技術の面からも綴ったものになっています.国鉄,JR東日本に籍を置き,新幹線の開発と建設に直接携われた著者により,わかりやすく紹介されているといった点で,特筆に値する一冊となっています.

著者髙松良晴
発行交通新聞社
仕様新書判 272ページ
定価本体800円+税
発売日2017年10月16日
購入する新幹線ネットワークはこうしてつくられた 技術の進化と現場力で築いた3000キロをamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する新幹線ネットワークはこうしてつくられた 技術の進化と現場力で築いた3000キロをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年2月号掲載| 交通新聞社の記事一覧

鉄道ファン2018年6月号