交通新聞社新書 093 寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年

寝ても覚めても国鉄マン

昼夜を問わず仕事に奔走する国鉄の職員である夫を支え,度重なる転勤により引っ越しを繰り返しながら子供を育てて,一家を切り盛りしてきた女性により語られた,国鉄の職員の仕事,そしてそれを支えてきた家族の暮らしの記録が詰まった一冊になっています.そこには,国鉄が変革を迫られつつある時代の風景も垣間見ることができ,国鉄を今までにない角度から振り返った書として,興味深く読むことができます.

著者石井妙子
発行交通新聞社
仕様新書判 192ページ
定価本体800円+税
発売日2016年4月15日
購入する交通新聞社新書 093 寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する交通新聞社新書 093 寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年7月号掲載| 交通新聞社の記事一覧

鉄道ファン2019年11月号