KOTSUライブラリ009 星晃が手がけた国鉄黄金時代の車両たち

星晃が手がけた国鉄黄金時代の車両たち

福原俊一氏が『鉄道ファン』誌にシリーズで掲載した内容をベースに,補筆,加筆をして単行本化したものです.
 80系電車に代表される戦後復興期を経て,10系軽量客車,国鉄の近代化の時代を迎えて,90系(101系)通勤形電車,20系(151系)「こだま形」特急形電車,91系(153系)急行形電車などの新性能形電車に発展,普及,さらに世界最初の寝台電車である581系の登場と,まさに国鉄の黄金時代にこれら車両の設計に携われたのが星 晃氏でした.本書は,車両設計にまつわるさまざまな事実など,著者が生前の星氏から直接うかがった話をまとめている点で,単なる車両解説とは異なる内容を誇ります.

著者福原俊一
発行交通新聞社
仕様四六判 256ページ
定価本体1800円+税
発売日2014年11月21日
購入するKOTSUライブラリ009 星晃が手がけた国鉄黄金時代の車両たちをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2015年2月号掲載| 交通新聞社の記事一覧

鉄道ファン2019年6月号

鉄道ファン2019年6月号(通巻698号)
発売日:2019年4月20日
定価(本体1048円+税)