交通新聞社新書 051 15歳の機関助士 ―戦火をくぐり抜けた汽車と少年―

15歳の機関助士

筆者は昭和4年生まれで,太平洋戦争の最中に青春時代を迎えていました.その時代に機関士を目指し,若くして機関助士として蒸気機関車のキャブに乗り込んだ少年の物語です.壮絶な時代背景ではありましたが,一心に修行を続け,戦火をくぐり抜けた「あこがれの蒸機」が職場であり学校だったようです.わが国の鉄道マンの基軸が,ここにあります.

著者川端新二
発行交通新聞社
仕様新書判 232ページ
定価本体800円+税
発売日2012年12月15日
購入する交通新聞社新書 051 15歳の機関助士 ―戦火をくぐり抜けた汽車と少年―をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する交通新聞社新書 051 15歳の機関助士 ―戦火をくぐり抜けた汽車と少年―をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2013年4月号掲載| 交通新聞社の記事一覧

鉄道ファン2019年10月号