絶滅危惧鉄道 2018

絶滅危惧鉄道 2018

イカロスMOOK.日本のローカル線は,経営環境が良くならず,深刻さを増している状況下,3月31日,三江線は100kmを超す路線全線が廃止となりました.本書では,同線に関する詳細なレポートを巻頭に据え,日本全国のローカル線の現状についてさまざまな切り口で伝えたものとなっています.とくに,中国山地周辺に位置する路線について,徹底的に解説されています.また,存廃の危機にさらされている路線をランキング形式で取り上げられていますが,それからは興味深い結果が出ていることに気づかされます.そのほかにも,未成線や災害により廃止となった路線が盛り込まれており,さまざまな工夫のもとでまとめた一冊として,本書は好評に値します.

発行イカロス出版
仕様B5判 114ページ
定価本体1600円+税
発売日2018年3月19日
購入する絶滅危惧鉄道 2018をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2018年7月号掲載| イカロス出版の記事一覧