中央西線 1960年代~90年代の思い出アルバム

中央西線

本書は,中央本線塩尻~名古屋間,および,篠ノ井線,信越本線篠ノ井~長野間を「中央西線」と括って取り上げて,そこで1960年代から1990年代あたりまでに展開された,なつかしい光景をお楽しみいただくことができるようになっています.今となっては見ることのできない車両の活躍する姿は,何度見ても飽きないものです.

著者山田 亮
発行アルファベータブックス
仕様B5判 160ページ(オールカラー)
定価本体2500円+税
発売日2019年1月29日
購入する中央西線 1960年代~90年代の思い出アルバムをamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2019年5月号掲載| アルファベータブックスの記事一覧

鉄道ファン2019年7月号