×

武蔵野線 街と駅の半世紀

武蔵野線

鮮やかな101系1000番台車の姿に思わず目が行ってしまう本書は,武蔵野線について,駅や車両のたいへんなつかしい写真を満載した一冊になっています.とくに,開業時の府中本町〜新松戸間のようすを今に伝える写真は興味深いもので,なかでも駅の周辺の風景が,現在とは様相がまったく異なる個所の多いことがよくわかります.

著者山下ルミコ
発行アルファベータブックス
仕様B5判 96ページ
定価本体1850円+税
発売日2017年8月25日
購入する武蔵野線 街と駅の半世紀をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2017年12月号掲載| アルファベータブックスの記事一覧