鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
『鉄道ファン』2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号
2024年6月20日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年8月号(通巻760号)
特集 地下鉄最新事情2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

7月7日〜9月24日
清里フォトアートミュージアム(K・MoPA)で,「鉄道愛」展開催

access_time
2023年6月24日掲載
清里フォトアートミュージアム(K・MoPA)で,「鉄道愛」展開催

山梨県北杜市の清里フォトアートミュージアム(K・MoPA)では,2023(令和5)年7月7日(金)から9月24日(日)までの間,「鉄道愛」展を開催します.
8月24日内容追記

※画像:清里フォトアートミュージアム(K・MoPA)提供

※右の写真:O. ウインストン・リンク
《バージニア州ナチュラル・ブリッジに到着する列車2号》1956年
©O. Winston Link Image Courtesy of the O. Winston Link Museum

雪嶺

▲広田尚敬氏撮影《雪嶺》1965年 ©Naotaka Hirota

遥かな汽笛

▲滝口忠雄氏撮影〈遥かな汽笛〉より《小海線 清里〜野辺山、機関車と緩急車だけ、今日の荷はなかった。現在、この鉄橋の後に国道の橋ができて、荒涼とした風景は消えた。》1972年 ©Tadao Takiguchi

中井精也氏

▲中井精也氏撮影《小海線 小淵沢〜甲斐小泉》2019年 ©Seiya Nakai

開催期間 2023(令和5)年7月7日(金)〜9月24日(日)
開館時間 10時〜18時
※入館は17時30分まで
会場 清里フォトアートミュージアム(K・MoPA)
山梨県北杜市 高根町清里3545-1222
会場への交通 JR小海線「清里駅」下車,タクシーで約10分
※詳しくは,清里フォトアートミュージアム(K・MoPA)のページをご覧ください.
※8月5日(土)に限り,JR清里駅から清里フォトアートミュージアムまでの送迎バスを運行します(無料).時刻表はこちらのページ下部をご覧ください.
休館日 会期中,7月・8月は無休,9月は火曜休館
入館料 一般800円,本展に限り学生無料,高校生以下無料
内容 ●アメリカ最後の蒸気機関車の姿をとらえたO.ウインストン・リンクと,日本を代表する鉄道写真家・広田尚敬氏.清里フォトアートミュージアム(K・MoPA)収蔵作品から,「撮り鉄」の原点,2名のパイオニアを紹介します.
●もと国鉄電気機関士・滝口忠雄氏が,運転士の目線でとらえた1970年代の国鉄,若手鉄道写真家・山下大祐氏が展開する新しいビジョン,「ゆる鉄」知られる中井精也氏がとらえた高原列車,JR小海線の色鮮やかな風姿など,鉄道愛あふれる写真展です.
●特別編として「ねこ鉄」や,1920年代のアメリカ山岳鉄道をテーマとした精巧なジオラマも初公開します.
●展示点数...156点(ジオラマを除く)
関連イベント ■「鉄道愛」関連
●ギャラリートーク(8月24日追記)
・開催日時...2023(令和5)年8月5日(土)
・内容
(1)ジオラマ作家・鯉江充氏によるジオラマ撮影会(13時〜,展示室)
(2)山下大祐×瀬戸正人副館長(14時〜,ガーデンテラス)
(3)滝口忠雄×雑誌「旅と鉄道」編集長・真柄智充(15時30分〜,ガーデンテラス)
 ※上記のイベントのようすやダイジェスト動画(2分間)が清里フォトアートミュージアム(K・MoPA)のページに掲載されています.
●中井精也「ゆる鉄画廊NOMAD」出展&ギャラリートーク(8月24日追記)
・開催日時...2023(令和5)年
 9月2日(土)10時〜18時
 9月3日(日)10時〜16時
 ※両日とも中井精也氏が在廊します.
 ※両日ともに14時から,約1時間のギャラリー・トークを行ないます.
●「撮り鉄広場」
・開催期間...2023(令和5)年7月7日(金)〜9月24日(日)
・内容
 館内の「撮り鉄広場」に自身の“鉄道愛”写真を掲示できます.
 2Lサイズまでの写真1点を持参すると,入館料が500円になります.
■そのほか
●高校生写真ワークショップ
・開催日時...2023(令和5)年7月30日(日)13時〜15時
ご案内