1月29日
名鉄,空港線開通18周年にあわせて1800系と1200系を常滑線・空港線で運転

access_time
2022年12月26日掲載
名古屋鉄道 1200系

名古屋鉄道では,2023(令和5)年1月29日(日)に,空港線が開通して18周年を迎えます.
 これを記念して,「18」の数字と関連する車両としてふだん定期運用のない1800系を常滑線,空港線で運転します.あわせて,名鉄岐阜—中部国際空港間を運転する一部の特急を1200系「パノラマSuper」で運転します.
 当日は,中部国際空港駅において発売する3駅(中部国際空港・りんくう常滑・常滑)の硬券入場券に特製スタンプが押印されます.また,3駅分の硬券入場券をセットで購入された方には,「空港線開通18周年名鉄オリジナルカード」が進呈されます(先着順).

写真:名古屋鉄道1200系 能登暁規撮影
※写真はイメージです.

続きをみる

■1200系「パノラマSuper」の運転について
 中部国際空港駅を発着する特急(一部特別車)を2200系から1200系に変更し,「パノラマsuper」のロゴ系統板を掲出して運転します.
運転日 2023(令和5)年1月29日(日)のみ
運転区間・時刻 ●中部国際空港行き
・名鉄岐阜8:01発→名鉄名古屋8:31発→中部国際空港9:06着
・名鉄岐阜10:32発→名鉄名古屋11:01発→中部国際空港11:36着
・名鉄岐阜13:02発→名鉄名古屋13:31発→中部国際空港14:06着
●名鉄岐阜行き
・中部国際空港9:17発→名鉄名古屋9:54発→名鉄岐阜10:23着
・中部国際空港11:47発→名鉄名古屋12:25発→名鉄岐阜12:54着
・中部国際空港14:17発→名鉄名古屋14:55発→名鉄岐阜15:24着
※当日の運行状況により,急きょ車両の変更が発生する場合があります.
※天候などにより,列車の遅延や運休の場合があります.
■1800系(4両)の運転について
 中部国際空港駅・常滑駅を発着する普通列車を1800系に変更し,記念系統板を掲出して運転します.
運転日 2023(令和5)年1月29日(日)のみ
運転区間・時刻 ●中部国際空港・常滑行き
・金山11:11発→太田川11:53発→常滑12:21発→中部国際空港12:26着
・金山14:11発→太田川14:51発→常滑15:21着
●金山・太田川・常滑行き
・中部国際空港12:29発→(臨時 快速急行)→常滑12:33着
・常滑12:34発→太田川13:01着
・太田川13:22発→金山13:57着
・常滑15:34発→太田川16:01着
・太田川17:22発→金山17:57着
※中部国際空港12:29発は臨時列車として運転します.
※当日の運行状況により,急きょ車両の変更が発生する場合があります.
※天候などにより,列車の遅延や運休の場合があります.
■硬券入場券 特製スタンプの押印について
実施日 2023(令和5)年1月29日(日)
実施場所 中部国際空港駅
内容 ●当日,中部国際空港駅特設販売所において,硬券入場券の券面に,中部国際空港駅「1800系」,りんくう常滑駅「3100系」,常滑駅「1200系(パノラマsuper)」が描かれた特製スタンプを押印し,3駅セットで販売します.
●3駅分の硬券入場券をセットで購入された方には,「空港線開通18周年名鉄オリジナルカード」が進呈されます(先着200名).
ご案内 空港線開通18周年にあわせて1800系と1200系(パノラマsuper)を運行(名古屋鉄道のページ)