12月9日〜20日
京都鉄道博物館でキハ185系特急形気動車(復刻国鉄色)特別展示と関連イベントを開催

access_time
2022年11月18日掲載
京都鉄道博物館でキハ185系特急形気動車(復刻国鉄色)特別展示と関連イベントを開催

京都鉄道博物館では,JR四国のキハ185系(復刻国鉄色)を,2022(令和4)年12月9日(金)から20日(火)までの間,館内で特別に展示します.
 これは,JR四国の「『しおかぜ』『南風』運行開始50周年記念キャンペーン」第8弾として運行開始50周年イヤーのラストを飾るイベントです.
 展示にあわせて,期間中の指定日には関連イベントを開催します.

※写真:JR四国・JR西日本・京都鉄道博物館 共同ニュースリリースから

■キハ185系特急形気動車(復刻国鉄色)特別展示について
展示期間2022(令和4)年12月9日(金)〜20日(火)
※休館日を除く.
展示場所本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
展示車両キハ185系2両(復刻国鉄色)
■関連イベントについて
(1)“しおかぜ”・“南風”のヘッドマーク掲出
開催日2022(令和4)年12月10日(土)・11日(日)・17日(土)・18日(日)
開催時間開館中
開催場所本館1F 車両工場エリア
内容●展示車両に,運行当時の“しおかぜ”・“南風”の姿からデザインをおこしたヘッドマークを掲出します.
●“しおかぜ”・“南風”に使用されていた当時の仕様の側面方向幕も再現されます.
(2)すまいるえきちゃん,ウメテツ グリーティング
開催日2022(令和4)年12月17日(土)・18日(日)
開催時間(1)10時30分,(2)13時,(3)15時
展示場所本館1F 車両工場エリア
内容特別展示の開催にあわせて,JR四国の公式イメージキャラクター「すまいるえきちゃん」と京都鉄道博物館の公式キャラクター「ウメテツ」のグリーティングを行ないます.
※所要時間...各回約15分
(3)四国の観光PR,JR四国グッズなどの販売
開催日2022(令和4)年12月9日(金)〜11日(日)・17日(土)・18日(日)
開催時間10時30分〜16時
開催場所本館1F 車両工場エリア
内容●特急“しおかぜ”・“南風”を運行している四国エリアのPRと,JR四国の鉄道やキャラクターなどのグッズ販売を行ないます.
●おもな販売商品
・四国特急運行開始50周年記念「記念入場券」「記念きっぷ」
 「記念入場券」は6駅(枚)1セット,「記念きっぷ」は記念乗車券と記念自由席特急券が1セットで販売されます.
・模型工房パーミル製「2000系TSE編成ペーパーキット」
 商品の再販売決定にあわせて,イベント会場で先行販売します.
 ※会場内での販売数に限りがあります.
(4)特別講演会『2000系特急形気動車の誕生と「しおかぜ」「南風」からの引退』
開催日時2022(令和4)年12月17日(土)14時〜
※所要時間...約60分
開催場所本館3F ホール
参加人数50名
内容“しおかぜ”・“南風”をはじめ四国の特急列車の歴史に名を遺す2000系特急形気動車の車両開発に深く関わったJR四国顧問・松田 清宏氏を招いて,京都鉄道博物館館長・前田 昌裕氏と,2000系の開発や導入のエピソードや“しおかぜ”・“南風”からの引退についての思いなどについて講演します.
登壇者●松田 清宏氏(JR四国顧問)
●前田 昌裕氏(京都鉄道博物館館長)
参加方法電子チケット「アソビュー!」で発売する参加券(ノベルティ付き)が必要です.
●参加券について
・発売価格...300円
・商品内容...講演会参加券+ノベルティ
・発売期間...2022(令和4)年12月9日(金)16時30分~講演会当日の13時59分
 ※売り切れ次第,販売終了.
 ※変更,キャンセルは前日23時59分まで可能.
■京都鉄道博物館について
所在地京都府京都市下京区観喜寺町
交通JR山陰本線(嵯峨野線)梅小路京都西駅下車,徒歩約2分
※上記以外でのアクセス方法は,京都鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金一般1200円,大学生・高校生1000円,中学生・小学生500円,幼児(3歳以上未就学児)200円
※団体料金など,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
※新形コロナウイルス感染症対策はこちら(PDFファイル)をご覧ください.
開館時間10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日毎週水曜日および年末年始
※祝日,および,春休み(3月25日~4月7日)・夏休み(7月21日~8月31日)の水曜日は開館します.
※休館日について,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内