10月14日〜12月18日
港区立郷土歴史館で,特別展「鉄道開業150周年記念 人物でみる日本の鉄道開業」開催

access_time
2022年9月19日掲載
港区立郷土歴史館で,特別展「鉄道開業150周年記念 人物でみる日本の鉄道開業」開催

港区立郷土歴史館では,2022(令和4)年10月14日(金)から12月18日(日)までの間,特別展「鉄道開業150周年記念 人物でみる日本の鉄道開業」を開催します.

※画像:港区立郷土歴史館提供

■特別展について
開催期間2022(令和4)年10月14日(金)から12月18日(日)まで
※期間中の休館日...10月20日(木),11月17日(木),12月15日(木)
会場港区立郷土歴史館 特別展示室
東京都港区白金台4-6-2 ゆかしの杜内
会場への交通東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅下車,2番出口から徒歩約1分.
※詳しくは,港区立郷土歴史館のページをご覧ください.
内容●2022(令和4)年は,日本の鉄道開業から150年の節目に当たる年です.
●この日本初の鉄道開業には,大隈重信などの政治家や,エドモンド・モレルなどの技術者,福澤諭吉ら知識人など多くの人々の尽力がありました.本展では,日本の鉄道開業を,歴史資料や出土遺物,浮世絵などの資料と,鉄道開業に関わった人々をとおして紹介します.
開館時間9時〜17時(土曜のみ9時〜20時)
※入館受付は,閉館の30分前まで.
休館日●毎月第3木曜日
 ※第3木曜日が祝日などの場合は開館し,その前日の水曜日に休館します.
●年末年始(12月29日~1月3日)
●特別整理期間
観覧料●特別展のみ...大人400円,小中高校生 200円
●常設展セット券...大人600円,小中高校生 200円
※以下の方は観覧料無料
 港区内在住・在学の小中高校生,区内在住の65歳以上の方,区内在住の障害者とその介助者(1名)
 証明できるものを持参してください.
※11月3日(木祝)は港区民無料公開日です.港区内在住の証明ができるものを持参してください)
■特別展関連プログラムについて(いずれも要事前申込,抽選制)
内容(1)鉄道ジオラマ製作ワークショップ
●開催日時...A:10月22日(土),B:10月29日(土)各日10時~12時
●講師...宮澤 雅文氏(アトリエminamo)
●対象...A:小学4年生以上(小学生は要保護者同伴),B:中学生以上
●定員...各回10組
●材料費...3000円
(2)鉄道落語を聴く会
●開催日時...10月23日(日)14時~15時
●講師...古今亭 駒治氏(落語家)
●対象...小学生以上
●定員...24名
●参加費...無料
(3)空鉄トーク 上空から見る鉄道と高輪築堤の魅力
●開催日時...11月13日(日)14時~15時30分
●講師...吉永 陽一氏(写真作家)
●対象...小学4年生以上
●定員...36名
●参加費...無料
申込方法いずれも,下記の港区立郷土歴史館ページからお申し込みください.
申込期間(1)(2)のプログラム
 2022(令和4)年9月26日(月)~10月2日(日)
(3)のプログラム
 2022(令和4)年10月17日(月)~23日(日)
※申込多数の場合は抽選です.
ご案内