9月19日〜10月2日
京都鉄道博物館で「多機能鉄道重機」(零式人機ver.2.0)を特別展示

access_time
2022年9月8日掲載
京都鉄道博物館で「多機能鉄道重機」(零式人機ver.2.0)を特別展示

京都鉄道博物館では,2022(令和4)年9月19日(月祝)から10月2日(日)までの間,人型ロボットと鉄道工事車両を融合させた「多機能鉄道重機」(零式人機ver.2.0)を特別展示します.
 また,特別展示にあわせて,関連イベントも開催します.

※写真:多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)(京都鉄道博物館提供)

続きをみる

■多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)特別展示について
展示期間 2022(令和4)年9月19日(月祝)〜10月2日(日)
展示場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
展示物 多機能鉄道重機(零式人機ver.2.0)
■関連イベントについて
(1)デモンストレーション
開催日 2022(令和4)年9月19日(月祝)・23日(金祝)〜25日(日),10月1日(土)・2日(日)
開催時間 (1)11時,(2)13時,(3)14時30分,(4)15時30分
※所要時間...各回約15分
開催場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
内容 多機能鉄道重機の実際の動作を間近で見学できます.
(2)講演会
開催日時 2022(令和4)年9月24日(土)14時〜
※所要時間...約60分
開催場所 本館3Fホール
テーマ 「多機能鉄道重機の開発の経緯;鉄道用重機は人型ロボットであるべきか?」
 開発の経緯や多機能鉄道重機に実装している技術について紹介します.
講師 ●金岡 博士氏
(株式会社人機一体 代表取締役社長 兼 立命館大学 総合科学技術研究機構 ロボティクス研究センター 客員教授)
●木村 秀夫氏
(西日本旅客鉄道株式会社 鉄道本部電気部電気技術室 室長)
参加方法 開催時刻の15分前から開催場所に入場できます.
定員 約40名
※定員に達し次第,受付終了.
■京都鉄道博物館について
所在地 京都府京都市下京区観喜寺町
交通 JR山陰本線(嵯峨野線)梅小路京都西駅下車,徒歩約2分
※上記以外でのアクセス方法は,京都鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1200円,大学生・高校生1000円,中学生・小学生500円,幼児(3歳以上未就学児)200円
※団体料金など,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
※新型コロナウイルス感染症対策はこちら(PDFファイル)をご覧ください.
開館時間 10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎週水曜日および年末年始
※祝日,および,春休み(3月25日~4月7日)・夏休み(7月21日~8月31日)の水曜日は開館します.
※休館日について,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内