9月25日
物流博物館でトレーラーやシキ車に関する映像作品を上映

access_time
2022年9月6日掲載
label
物流博物館でトレーラーやシキ車に関する映像作品を上映

物流博物館では,収蔵している昭和20年代から50年代の物流に関する映画フィルムやビデオ作品の中から,テーマを決めて毎月上映する「マンスリー上映会」を開催しています(要事前申込,先着順).
 2022(令和4)年9月は,トレーラーやシキ車による変圧器輸送のようすを紹介した作品を上映します.

※写真:物流博物館提供

続きをみる

開催日時 2022(令和4)年9月25日(日)
(1)10時30分〜11時30分,(2)14時〜15時
※下記の作品を1日2回上映します.
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,開催が変更となる可能性もあります.あらかじめ公式WEBサイト・電話などでご確認ください.
会場 物流博物館
 (東京都港区高輪4-7-15
会場までの交通 JR・京急品川駅下車,高輪口から徒歩約7分
※詳しくは,物流博物館のページをご覧ください.
入館料金 高校生以上200円,中学生以下無料,65歳以上100円
※上映会は無料です.
※詳しくは,物流博物館のページをご覧ください.
作品・時間など (1)にっぽん23万KVAの旅
●1968(昭和43)年/白黒/25分
・北陸本線丸岡駅から約8kmの距離にある建設中の北陸電力・新福井変電所まで,富士電機製造の224t,23万KVAの変圧器を,84の車輪を持つシュナーベル式トレーラーにより輸送するようすを収めた作品です.
・テレビ番組としても放映されました.
(2)超重量に挑む―500トントレーラとシキ611―
●1971(昭和46)年/カラー/21分
 重電機器類の大形化にともない,1971(昭和46)年に新たに開発された500トントレーラと,重量品専用貨車シキ611による大形変圧器輸送のようすを,わかりやすい解説とともに描いた作品です.
定員 各回15名
申込先 電話:03-3280-1616
※氏名・電話番号をお伝えください.
ご案内