JR北海道,「北の大地の入場券」×「炭鉄港」連携企画を実施

access_time
2022年8月10日掲載
JR北海道,「北の大地の入場券」×「炭鉄港」連携企画を実施

JR北海道では,「北の大地の入場券」の第2弾企画として,2022(令和4)年11月13日(日)までの間,北海道鉄道史と関わりの深い「炭鉄港」との連携企画を実施しています.
 これは,2022(令和4)年の「鉄道開業150年」「幌内鉄道全通140年」「室蘭本線開通130年」を記念して実施するものです.

※画像:進呈される「昭和40年1月号の時間表」をモチーフとした「空知炭鉱線 時間表」のイメージ(JR北海道ニュースリリースから)

■「北の大地の入場券」第2弾企画について
 第1弾企画として実施している「目指せ!完全制覇賞2022」に続き,第2弾として「炭鉄港」と連携した企画を実施します.
実施期間2022(令和4)年8月1日(月)〜11月13日(日)まで
※8月1日は室蘭本線開通日,11月13日は幌内鉄道全通日です.
概要以下のエリア内で指定する3駅で,各駅の「北の大地の入場券」の同じ日付のものを3枚揃えると,「昭和40年1月号の時間表」をモチーフとした対象路線の「時間表」がプレゼントされます.
※時間表...本企画では鉄道弘済会発行の時間表を用いており,1965(昭和40)年1月号まで「時間表」という表現が使われていましたが,2月号から「時刻表」という表現へ改正されました.
エリアなど●幌内鉄道全通140周年①
・対象(引換)駅...岩見沢駅,江別駅,白石駅
・プレゼント...「空知炭鉱線 昭和40年1月号時間表」
 石炭輸送がピークであった炭鉄港に関連する支線の昭和40年1月号の時間表をモチーフとした,本企画オリジナルの時間表です.
●幌内鉄道全通140周年②
・対象(引換)駅...小樽駅,手稲駅,札幌駅
・プレゼント...「函館本線 昭和40年1月号時間表」
 函館本線(岩見沢—倶知安間)の昭和40年1月号の時間表をモチーフとした時間表です.
●室蘭本線開通130周年
・対象(引換)駅...室蘭駅,登別駅,苫小牧駅,追分駅のうちいずれか3駅
・プレゼント...「室蘭本線 昭和40年1月号時間表」
 室蘭本線(長万部—岩見沢間)の昭和40年1月号の時間表をモチーフとした時間表です.
※白石駅は,「北の大地の入場券」を販売していないため,通常の入場券または白石駅で購入した乗車券を対象とします.
※札幌駅は,入場券の販売のみです(プレゼントの引き換えは小樽駅または手稲駅で受け付けます).
※追分駅は,日曜・祝日休業です.
参加方法●例:幌内鉄道全線開通140周年①エリアの場合
(1)岩見沢駅,江別駅,白石駅で各駅の「北の大地の入場券」を同一日に購入してください.
(2)同日購入の北の大地の入場券の半券3枚を,同エリア内指定のいずれかの駅で提示ください.
(3)駅窓口で,「空知炭鉱線 昭和40年1月号時間表」がプレゼントされます.
※プレゼント引換時に購入日の確認をします.「北の大地の入場券」は半券を切り離さずに窓口まで持参してください.
※「北の大地の入場券」の半券は,プレゼント引換時に窓口において参加者自身で切り離してください.
※プレゼント引換時に「北の大地の入場券」の半券は回収されます(半券の返却はできません).
※窓口の営業時間,休業日を確認し,おでかけください.
※プレゼントの引換受付時間は,各駅のみどりの窓口の営業時間内です.
※普通入場券はプレゼント引換の対象外です(白石駅を除く).
※詳しくは,キャンペーン特設ページをご覧ください.
■そのほか
内容●炭鉄港の町でのイベント
・炭鉄港カード第2弾プレゼント企画
・美唄鉄道東明駅舎一般公開
・アンモナイト捜索大作戦!
●JRヘルシーウォーキングとの連携による取組み
 2022(令和4)年9月と11月に実施される炭鉄港コースのイベントウォーク・いつでもウォークの中から,3コースに参加してスタンプを集めると,抽選で800名の方に「炭鉄港オリジナル記念冊子・ノベルティ」がプレゼントされます.
※詳しくは,キャンペーン特設ページまたはJRヘルシーウォーキングのページをご覧ください.
ご案内