8月6日〜11月6日
横浜都市発展記念館で鉄道開業150周年記念特別展「横浜鉄道クロニクル—発祥の地の150年—」開催

横浜都市発展記念館で鉄道開業150周年記念特別展「横浜鉄道クロニクル—発祥の地の150年—」開催

横浜都市発展記念館では,2022(令和4)年11月6日(日)までの間,鉄道開業150周年記念特別展「横浜鉄道クロニクル—発祥の地の150年—」を開催します.

※写真はいずれも横浜都市発展記念館提供

開催期間2022(令和4)年11月6日(日)まで
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,会期・開館時間などを変更する場合があります.
会場横浜都市発展記念館 3F 企画展示室
観覧料●一般(高校生以上)...500円
●小・中学生,横浜市内在住の65歳以上の方...250円
※上記の料金で常設展と横浜ユーラシア文化館も見学できます.
※10月14日(金)「鉄道の日」は無料で開館します.
内容●横浜は近代日本を代表する港湾都市であるとともに,1872(明治5)年に東京の新橋と日本最初の鉄道で結ばれ,陸上交通とともに大きく発展した都市でもあります.鉄道150年の歴史を50年ごとに区切り,浮世絵や地図をはじめ,さまざまな歴史資料をもとにひもとく展覧会です.
●展示構成
I.近代の交通網の形成(最初の50年)
 第1章 開港場横浜の鉄道創業
 第2章 東海道と港都横浜の鉄道建設
 第3章 横浜駅の移転と改良される東海道本線
II.再編を重ねる横浜の鉄道(次の50年)
 第4章 震災・戦災からの復興と発展
 第5章 高度経済成長期の変容
III.電車とクルマの時代(最近の50年)
 第6章 首都圏のベッドタウン横浜
※詳しくは,横浜都市発展記念館 新着情報のページをご覧ください.
そのほか関連企画として,以下のイベントが開催されます.
●展示解説
・開催日...8月21日(日),9月17日(土),10月14日(金)
・開催時間...各日14時から45分程度
・開催場所...横浜都市発展記念館 3階 企画展示室
●ミニ展示...「横浜の鉄道歴史遺産」
・開催期間...9月14日(水)〜11月6日(日)
・開催場所...横浜都市発展記念館 4階 常設展示室
●ガイドツアー「みなとみらい線で出発進行!」※要事前申込,ミニ講座付き
・開催日など
 10月1日(土)「港と鉄道」,10月16日(日)「横浜の発展と鉄道」
・申込開始日...8月15日(月)
※申込方法などは,横浜シティガイド協会WEBサイトをご覧ください.
■横浜都市発展記念館について
所在地神奈川県横浜市中区日本大通12
交通横浜高速鉄道 みなとみらい線 日本大通り駅下車,3番出口からすぐ
※詳しいアクセス方法は,横浜都市発展記念館のページをご覧ください.
入館料金●一般(高校生以上)...200円
●小学生・中学生,横浜市内在住65歳以上の方...100円
※特別展・企画展の観覧料は別途定めます.
※毎週土曜は,小・中・高校の生徒の観覧が無料となります.
※身体障害者手帳,愛の手帳(療育手帳),精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者は無料です(入館時に手帳を提示してください).
※詳しくは横浜都市発展記念館のページをご覧ください.
開館時間9時30分〜17時(チケット販売は16時30分まで)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,開館時間などを変更する場合があります.
休館日毎週月曜日,年末年始
※月曜が祝日の場合は,翌平日に休館します.
ご案内