7月16日〜9月4日
新見美術館で,企画展「お召し列車D51838鳳凰 エンブレム特別公開」開催

access_time
2022年7月15日掲載
新見美術館で,企画展「お召し列車D51838鳳凰 エンブレム特別公開」開催

JR西日本岡山支社は,新見美術館と連携し,2022(令和4)年7月16日(土)から9月4日(日)までの間,企画展「お召し列車D51838鳳凰 エンブレム特別公開」を実施します.
 これは,岡山デスティネーションキャンペーン連動企画として,7月16日(土)から開催される「太田隆司ペーパーアート展」と同時開催するものです.

※写真:お召列車本務機用鳳凰装飾品(新見美術館WEBサイトから)

開催期間2022(令和4)年7月16日(土)〜9月4日(日)
※休館日...月曜日(ただし,7月18日,8月15日は開館)
開館時間9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
会場新見美術館岡山県新見市西方361
会場への交通JR伯備線 新見駅で下車,徒歩約10分またはタクシーで約5分
※詳しくは,新見美術館のページをご覧ください.
入館料一般800円,大学生500円,中高生300円,小学生200円
※JR西日本のスマートフォン用アプリ「setowa」を利用すると,現地購入より割引価格で購入できます(購入は利用前日まで).
内容●1971(昭和46)年に島根県で行なわれた全国植樹祭では,お召列車が運転され,けん引するD51 838(当時新見機関区)の除煙板には「鳳凰のエンブレム」が装飾されていました.
●現在,京都鉄道博物館に所蔵されている「鳳凰のエンブレム」が,岡山DCにあわせ,約50年ぶりに新見へ里帰りするというスペシャル企画です.
●おもな展示
・「お召し列車D51838鳳凰エンブレム」の展示
・さようなら蒸気機関車列車愛称板の展示
・D51 838プレート,お召列車の写真の展示
・ジオラマ展示
ご案内
新見美術館のページ