5月20日〜25日
「SL北びわこ号に魅せられて」服部正・服部浩樹・服部ひろみ 写真展』開催

access_time
2022年5月6日掲載
『「SL北びわこ号に魅せられて」服部正・服部浩樹・服部ひろみ 写真展』開催

京都市・中京区のAMS写真館では,2022(令和4)年5月20日(金)から25日(水)までの間,『「SL北びわこ号に魅せられて」服部正・服部浩樹・服部ひろみ 写真展』を開催します.

開催期間2022(令和4)年5月20日(金)〜25日(水)
※入場無料
開催時間10時~17時
※最終日のみ16時まで.
会場AMS写真館 Gallery2
京都府京都市中京区西ノ京銅駝町48 A'BOX
会場への交通JR山陰本線(嵯峨野線),京都市営地下鉄東西線 二条駅下車,徒歩約8分.
※詳しくは,AMS写真館のページをご覧ください.
内容●本展は,滋賀県北部の北陸本線(米原—木ノ本間)を走っていた“SL北びわこ号”をテーマに,沿線で撮影中に偶然出逢った,血の繋がりのない3名の「服部」が撮影した作品を展示します.
●自然と歴史情緒の溢れる湖北の鉄路を,行楽シーズンの休日を中心に24年間走り続けた“SL北びわこ号”は,2021(令和3)年5月,社会情勢や客車の老朽化を理由に,運行終了が発表されました.
●蒸気機関車が魅せる四季折々のさまざまな表情に魅せられた作者たちが,運行日の朝から晩まで“SL北びわこ号”を追い続け,さまざまな縁と楽しい時間を共有した“SL北びわこ号”への感謝と,作品づくりの集大成とする写真展です.
ご案内