4月23日〜8月28日
ゼンリンミュージアムで鉄道開業150周年企画展「鉄道網から読み解く近代日本」を実施

access_time
2022年4月19日掲載
ゼンリンミュージアムで鉄道開業150周年企画展「鉄道網から読み解く近代日本」を実施
ゼンリンミュージアムで鉄道開業150周年企画展「鉄道網から読み解く近代日本」を実施

ゼンリンミュージアムでは,2022(令和4)年4月23日(土)から8月28日(日)までの間,鉄道開業150周年企画展「鉄道網から読み解く近代日本」を開催します.

※画像はいずれもゼンリンミュージアム提供

開催期間2022(令和4)年4月23日(土)〜8月28日(日)
内容●今から150年前の1872(明治5)年,日本初の鉄道路線が新橋—横浜間に開業しました.それ以来,鉄道網は日本の近代化とともに全国に広がり,人やモノを運ぶ手段として私たちの営みを支え,社会の発展に大きな役割を果たしてきました.
●本企画展では,「全国」「九州」「首都圏」の3セクションに分け,約30点の地図と路線図を展示.それぞれの鉄道網の変遷から,近代日本の歴史を振り返ります.
■ゼンリンミュージアムについて
所在地福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州14F
交通鹿児島本線 西小倉駅下車,徒歩約5分
※詳しくは,ゼンリンミュージアムのページをご覧ください.
入館料金1000円(税込)
※通常の入館料で,企画展も見学できます.
※保護者同伴の小学生以下は無料.
※入館料には,パンフレット・チケットホルダーの代金も含みます.
開館時間10時~17時(最終入館16時30分)
休館日毎週月曜(祝日の場合は翌平日)
※上記のほかに年末年始など,臨時に休館することがあります.
ご案内