JR北海道,2022年も宗谷本線で“花たび そうや”号を運転

access_time
2022年4月17日掲載
キハ40 1790「山明」号

写真:キハ40 1790「山明号」  加藤 勝撮影  苗穂工場にて  2019-9-6(取材協力:JR北海道)

キハ40 1791「紫水」号

写真:キハ40 1791「紫水号」  加藤 勝撮影  苗穂工場にて  2019-10-8(取材協力:JR北海道)

JR北海道では,2022(令和4)年5月14日(土)から6月5日(日)までの指定日に,宗谷本線で観光列車“花たび そうや”号を運転します.
 車窓を眺めつつ楽しめるオリジナル弁当「そうやの恵みもりだくさん」の販売に加え,“花たび そうや”号から見られる鉄道土木施設の物語を専用WEBサイトで紹介します.また,現地現物を車内で紹介する「宗谷線鉄道施設PRデー」の開催も検討しています.

※写真はいずれもイメージです.

続きをみる

■“花たび そうや”号の運転について
運転日 2022(令和4)年
(1)5月14日(土)・21日(土)・28日(土),6月4日(土)
(2)5月15日(日)・22日(日)・29日(日),6月5日(日)
運転時刻 (1)旭川10:41発→稚内16:43着 ※下りのみ
(2)稚内8:34発→旭川14:46着 ※上りのみ
※途中駅の発着時刻については,JR北海道ニュースリリース(PDFファイル)をご覧ください.
使用車両 キハ40系3両編成
※旭川方面から
 山紫水明シリーズ「山明号」(2号車・指定席)+「道北 流氷の恵み」(増結1号車・フリースペース)+山紫水明シリーズ「紫水号」(1号車・指定席)
料金など ●“花たび そうや”号は,全車指定席の急行列車として運転します.
●乗車には乗車券のほか,急行券・座席指定券が必要です.
 例:旭川→稚内間...合計7790円(大人1名/運賃5940円,急行料金1320円,座席指定料金530円)
※各停車駅間の運賃・急行料金・座席指定料金は,JR北海道ニュースリリース(PDFファイル)内11ページ目をご覧ください.
発売開始日・場所 乗車日1ヵ月前の10時から,全国のおもな駅にある「みどりの窓口」,おもな旅行会社で発売いたします.
インターネット予約サービス「えきねっと」でも予約可能です.
■オリジナル弁当の販売について(完全予約制)
 2021(令和3)年度に引き続き,宗谷本線沿線の「GRACE CUISINE」(グレイスキュイジーヌ)の協力のもと,沿線の食材を使用したオリジナル弁当「そうやの恵みもりだくさん」を名寄駅で販売します.
内容 ●下り列車(旭川発稚内行き)の運転日
 稚内周辺エリアの食材を使用した「そうやの恵みもりだくさん 〜海と森の薫り〜」
●上り列車(稚内発旭川行き)の運転日
 旭川周辺エリアの食材を使用した「そうやの恵みもりだくさん 〜風と大地の恵み〜」
※仕入状況などにより,メニューや食材が変更になる場合があります.
発売価格 各1200円(税込)
※乗車日当日に,名寄駅の特設売り場でお支払いください(現金のみ).
※停車時間が限られるため,釣り銭のないようご協力ください.
予約方法 乗車日前日までに,GRACE CUISINE「そうやの恵みもりだくさん」専用予約ページからお申し込みください.
※予約数に達した場合は,ご了承ください.
■“花たび そうや”号で巡る鉄道土木施設について
予約方法 ●“花たび そうや”号が走る宗谷本線には,最北の鉄道路線ならではの「物語」を秘めた鉄道土木施設が点在しています.JR北海道ニュースリリースに掲載のプロローグに続く「物語」が花たび そうや号紹介ページ(JR北海道WEBサイト)に掲載されています.
●“花たび そうや”号から見られる鉄道土木施設の現地現物を車内で紹介する「宗谷線鉄道施設PRデー」の開催が検討されています.
 ※詳しくは,決まり次第発表されます.
■ANA・JR北海道共同企画について
 北海道までANA便を利用し,「ANAきた北海道フリーパス」または「ANA道北フリーパス(2・3日間)」で“花たび そうや”号に乗車された方には,ANAロゴ入り「バゲージタグ」がプレゼントされます.
※詳しくは,JR北海道ニュースリリース(PDFファイル)内9ページ目をご覧ください.
ご案内 この春も「花たび そうや」号を運転します!(JR北海道ニュースリリース,PDFファイル)
花たび そうや号紹介ページ(JR北海道WEBサイト)