3月5日〜6月13日
鉄道博物館で収蔵資料展「鉄道写真家・南 正時作品展〜蒸気機関車のある風景 西日本編〜」開催

access_time
2022年2月28日掲載
鉄道博物館で収蔵資料展「鉄道写真家・南 正時作品展〜蒸気機関車のある風景 西日本編〜」開催

鉄道博物館では,2022(令和4)年3月5日(土)から6月13日(月)までの間,収蔵資料展「鉄道写真家・南 正時作品展〜蒸気機関車のある風景 西日本編〜」を開催します.
 また,展示にあわせた特別イベントとして,3月19日(土)・20日(日)の2日間,南正時氏によるトークショーを開催します.

写真:鉄道博物館WEBサイトから

■収蔵資料展「鉄道写真家・南 正時作品展〜蒸気機関車のある風景 西日本編〜」について
開催期間2022(令和4)年3月5日(土)〜6月13日(月)
※休館日にご注意ください.
開催場所鉄道博物館 本館2F スペシャルギャラリー1
料金無料 ※入館料のみ必要
内容●本展では,南 正時氏の約半世紀にわたる写真家生活を通じて撮影した作品の中から,各地で活躍した蒸気機関車の姿,約70点を紹介します.
●国鉄路線上から蒸気機関車が姿を消していった1970年代に,南氏が全国を巡り撮影した写真の中から,前回の東日本編の続き,西日本編として北陸・関西・山陰・九州の各線で撮影した作品が展示されます.
●動力近代化により消え行く蒸機機関車と,日本の原風景ともいうべき美しい光景のなか,力強く走る蒸気機関車の姿は郷愁を誘い,見る者を魅了してやみません.今回は,蒸気機関車最終期のさまざまな形態のバリエーションや,1972(昭和47)年の鉄道100年の記念行事,明治期以来の鉄道施設についても紹介します.
■特別イベント「南 正時氏トークショー」について
内容南 正時氏ご本人よる展示作品の解説,写真作品保存への取組みなどについてお話ししていただきます.
開催日2022(令和4)年3月19日(土)・20日(日)
開催時間各日(1)13時〜14時,(2)15時分〜16時
開催場所鉄道博物館 本館2F てっぱくシアター
※待機列による「密集」「密接」を避けるため,開始5分前に開催場所までお越しください.
料金無料 ※入館料のみ必要
定員各回先着24名
※上記の告知内容は,新型コロナウイルス感染症拡大防止の事由などにより,予告なく変更または中止となる場合があります.
■鉄道博物館について
所在地埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
交通JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金一般1330円,小中高生620円,幼児(3歳以上未就学児)310円
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,「事前購入制」となっています.あらかじめセブンイレブン,ローソン,ミニストップで販売される時間指定の「入館券」(枚数限定)を購入してください.
※団体料金など,詳しくは,鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間10時~17時(入館は16時30分まで)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,開館時間が短縮されています.
休館日毎週火曜日および年末年始
ご案内