1月15日〜3月27日
横浜都市発展記念館で鉄道開業150周年記念企画展「激震、鉄道を襲う!—関東大震災と横浜の交通網—」開催

横浜都市発展記念館で鉄道開業150周年記念企画展「激震、鉄道を襲う!ー関東大震災と横浜の交通網ー」開催
横浜都市発展記念館で鉄道開業150周年記念企画展「激震、鉄道を襲う!ー関東大震災と横浜の交通網ー」開催

横浜都市発展記念館では,2022(令和4)年1月15日(土)から3月27日(日)までの間,鉄道開業150周年記念企画展「激震、鉄道を襲う!—関東大震災と横浜の交通網—」を開催します.

※写真はいずれも横浜都市発展記念館提供

開催日時2022(令和4)年1月15日(土)〜3月27日(日)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,会期・開館時間などを変更する場合があります.
会場横浜都市発展記念館 3F 企画展示室
観覧料●一般(高校生以上)...500円
●小・中学生,横浜市内在住の65歳以上の方...250円
※オンラインによる事前予約(日時指定)を利用するとスムーズに入館ができます.詳しくは,横浜都市発展記念館のページをご覧ください.
内容●2023(令和5)年は,関東大震災から100年の節目を迎えます.本展では,震災からの復旧工事に携わった鉄道技師の遺した写真アルバムを中心に,物流の大動脈となりつつあった鉄道や横浜の交通網の被災から復旧,復興に至るようすを多彩な資料で紹介します.
●おもな見どころ
・鉄道技師が遺した写真帳
・市民の足の崩壊と復興
・多彩な資料から追う鉄道と関東大震災
※詳しくは,横浜都市発展記念館 新着情報のページをご覧ください.
展示点数約200点
そのほか関連企画として,以下のイベントが開催されます.
●展示解説
・開催日...1月29日(土)・30日(日),2月13日(日),3月12日(土)・13日(日)
・開催時間...各日13時30分から30分程度
・定員...先着15名
●パネル展示...「鉄道橋の関東大震災」
・開催場所...横浜都市発展記念館1F ギャラリー
■横浜都市発展記念館について
所在地神奈川県横浜市中区日本大通12
交通横浜高速鉄道 みなとみらい線 日本大通り駅下車,3番出口からすぐ
※詳しいアクセス方法は,横浜都市発展記念館のページをご覧ください.
入館料金●一般(高校生以上)...200円
●小学生・中学生,横浜市内在住65歳以上の方...100円
※特別展・企画展の観覧料は別途定めます.
※毎週土曜は,小・中・高校の生徒の観覧が無料となります.
※身体障害者手帳,愛の手帳(療育手帳),精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者は無料です(入館時に手帳を提示してください).
※詳しくは横浜都市発展記念館のページをご覧ください.
開館時間9時30分〜17時(チケット販売は16時30分まで)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,開館時間などを変更する場合があります.
休館日毎週月曜日,年末年始
※月曜が祝日の場合は,翌平日に休館します.
ご案内