12月2日〜2022年1月30日
九州鉄道記念館で企画展「キハ42055(キハ07形41号)重要文化財へ!気動車物語」開催

access_time
2021年12月2日掲載

九州鉄道記念館では,2021(令和3)年12月2日(木)から2022(令和4)年1月30日(日)までの間,「キハ42055(キハ07形41号)重要文化財へ!気動車物語」を開催します.

開催期間2021(令和3)年12月2日(木)〜2022(令和4)年1月30日(日)
※期間中の休館日...12月8日(水),1月12日(水)
内容●開館当初から展示されている「キハ42055号気動車(キハ07 41号気動車)」が重要文化財に指定されることを記念し,気動車に焦点を当てた企画展を開催します.
●「キハ42055号気動車(キハ07 41号気動車)」は車体の大形化と軽量化,ガソリン機関の出力向上と運行速度の高速化,車両の国産化と標準化を達成し,日本の気動車の技術発達史を俯瞰するうえで貴重であり,鉄道史,社会・経済史,科学技術上において重要な鉄道車両です.
●今回の企画展では,機械式キハから現代ディーゼル列車まで,気動車の歴史を写真記録で紹介します.
※撮影...奈良崎 博保,加地 一雄,大塚 孝,宇都宮 靖顕
開催場所九州鉄道記念館 2階 企画展示場
料金入館料のみ必要
■九州鉄道記念館について
所在地福岡県北九州市門司区清滝2-3-29
入館料金大人300円,4歳以上中学生以下150円
※4歳未満は無料です.
※団体料金など,詳しくは九州鉄道記念館のページをご覧ください.
開館時間9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日第2水曜日(ただし8月は除く).
※第2水曜日が祝日の場合は,翌日に休館日を振り替えます.
交通JR門司港駅下車,徒歩3分
※詳しいアクセス方法は,九州鉄道記念館のページをご覧ください.
ご案内