10月14日〜12月26日
広島電鉄×神戸市交通局,神戸市電移籍50周年記念企画「リバイバル神戸」を実施

access_time
2021年10月12日掲載
広島電鉄×神戸市交通局,神戸市電移籍50周年記念企画「リバイバル神戸」を実施

広島電鉄で活躍する,もと神戸市電「582号」

広島電鉄×神戸市交通局,神戸市電移籍50周年記念企画「リバイバル神戸」を実施

広島電鉄で活躍する,もと神戸市電「1156号」

広島電鉄では,2021(令和3)年10月14日(木)から12月26日(日)までの間,記念企画「リバイバル神戸」を実施します.
 これは現在も広島電鉄で活躍する,もと神戸市電の2両(582号・1156号)が広島へ移籍して50周年となることを記念し,神戸市交通局との連携・協力のもと実施するものです.

※写真はいずれも広島電鉄WEBサイトから

実施期間2021(令和3)年10月14日(木)〜12月26日(日)
■記念ヘッドマークの掲出 ※582号・1156号共通
内容●50周年記念ヘッドマークを,神戸市電からの移籍車両(582号・1156号)に掲出します.
●上記にあわせて,神戸市交通局の地下鉄車両にも掲出します.
※いずれも共通のデザインです.
対象車両●広島電鉄 582号・1156号(神戸市電移籍車両)
●神戸市営地下鉄西神・山手線,海岸線 各2編成
■582号限定復元
内容●582号を神戸市電時代のワンマンカーのデザインに期間限定で復元します.
●神戸市電時代,ワンマン化された車両には車掌の乗務している車両と判別できるように,緑のツートンカラーに「オレンジのライン」が入っていました.今回は,50年前に神戸市内を走った姿で,広島市内を走ります.
注意事項期間中であっても,10月27日(水)から11月14日(日)までは選挙用花電車として運転されるため,ワンマンデザインが隠れる可能性があります.
■50年の歴史をふりかえる ※582号・1156号共通
内容●第二の職場広島で,市民のために走り続ける電車の思い出を,写真とともに振り返るポスターを作成し,582号と1156号の車内に掲示します.
●各車両のエピソードや,広島に移籍してから現在までの歩みなど,電車に揺られながら,懐かしい写真が楽しめます.
■土曜・日曜・祝日の営業運転と車両指定での貸切運転 ※582号・1156号共通
内容(1)土曜・日曜・祝日の営業運転について
 ふだん運転することが少ない土曜・日曜も運転します.
 ※運転時間・路線は固定ではありません.
(2)車両指定での貸切運転について
●受付期間...10月21日(木)〜12月26日(日)
●貸切運転時間...11時〜16時
●貸切運賃...市内線 1行程:18240円~(通常の貸切運賃と同額)
※「神戸市電車両」という枠での指定です.車両の指定(582号・1156号)はできません.
※車両検査やほかの貸切の申込状況などにより,受付できない場合があります.
※詳しくは,広島電鉄のページをご覧ください.
■YouTube動画公開
内容広島電鉄で活躍後,2003(平成15)年に神戸へ里帰りした1103号に広島電鉄の社員が会いに行くようすを,神戸市交通局担当者のコメントとともに,YouTubeで公開します.
公開開始日2021(令和3)年10月14日(木)
■移籍50周年記念グッズの販売
内容(1)神戸市交通局×広島電鉄 移籍50周年記念銘板キーホルダー(582号・1156号)※化粧箱入り
●発売価格...各2200円(税込)
●発売数...限定 各500個
●発売開始日...2021(令和3)年10月14日(木)予定
●発売場所
 広島電鉄営業センター(広島駅・千田・紙屋町・宮島口),神戸市交通局グッズ取扱窓口,書泉グランデ・書泉ブックタワー(東京),鉄道甲子園オンラインショップ
(2)50周年記念オリジナルフレーム切手(84円切手×10枚)
●発売価格...1500円(税込)
●発売数...限定1000シート
●発売開始日...2021(令和3)年10月25日(月)
●発売場所
・神戸市,広島市内の郵便局窓口(一部),日本郵便「郵便局のネットショップ」
※詳しくは,日本郵便「オリジナルフレーム切手」のページをご覧ください.
※フレーム切手は,日本郵便株式会社の登録商標です.
■神戸市交通局 北神線谷上駅での期間限定装飾
内容●期間限定で,神戸市交通局北神線谷上駅構内のフォトスポットが50周年記念仕様になります.
●「神戸市電車両広島電鉄移籍50周年」のロゴが入り,神戸市交通局北神線PRキャラクターの「北神弓子」の隣には,広島電鉄の鉄道むすめ「鷹野みゆき」が登場します.
※鉄道むすめは(株)トミーテックの登録商標です.©TOMYTEC/イラスト:みぶなつき
ご案内神戸市電車両 広島電鉄移籍50周年記念「リバイバル神戸」について(広島電鉄WEBサイト)