10月10日〜16日
信楽駅で「Neo汽車土瓶」展を開催

access_time
2021年9月26日掲載
信楽駅で「Neo汽車土瓶」展を開催

信楽汽車土瓶プロジェクトでは,2021(令和3)年10月10日(日)から16日(土)までの間,信楽駅で「Neo汽車土瓶」展を開催します.

※写真:信楽汽車土瓶プロジェクト提供

開催日時2021(令和3)年10月10日(日)〜16日(土)10時〜17時
※入館は16時30分まで.
※新型コロナウィルス感染症により,中止・延期になる可能性があります.最新情報は,信楽汽車土瓶プロジェクトWEBサイトをご覧ください.
会場信楽高原鐵道 信楽駅
※本展覧会は,信楽高原鐵道信楽駅に留置した車両をギャラリーに見立て,ボックスシート部分を各作家が占有し,展示されます.
内容●信楽に関わりのある6名の作家による「Neo汽車土瓶」作品の展示
 松井利夫(京都芸術大学教授),宇田安利,栗田千弦,藤原雅信,藤原孝親,松田晃余
●汽車土瓶関連資料の展示
 明治から大正年間の汽車土瓶や石膏型
入場料無料
※ただし,信楽駅の入場券(150円)の購入が必要です.
※展覧会自体は入場料不要ですが,記念切符(硬券風)を石版で制作したものが進呈されます.
ご案内信楽汽車土瓶プロジェクトWEBサイト