9月29日〜2022年1月10日
鉄道博物館,「渋沢栄一と鉄道」展示コーナーを設置

access_time
2021年9月26日掲載

鉄道博物館では,2021(令和3)年9月29日(水)から2022(令和4)年1月10日(月祝)までの間,渋沢栄一と鉄道会社の関係がわかる資料を中心に展示する「渋沢栄一と鉄道」展示コーナーを設置します.

展示期間2021(令和3)年9月29日(水)〜2022(令和4)年1月10日(月祝)
※休館日にご注意ください.
展示場所●本館1階 エントランス
●南館3階 歴史ステーション 時計ひろば
内容●約500社もの会社の設立・育成に携わり,「日本資本主義の父」「近代日本経済の父」と称された渋沢栄一は,数多くの鉄道会社の立ち上げにも関与しました.
●本展では,渋沢栄一と鉄道会社の関係がわかる資料を中心に展示します.
●おもな展示内容
・本館エントランス
 渋沢の略歴や,生まれ故郷の深谷に関する鉄道博物館所蔵資料を中心に展示します.
・南館歴史ステーション時計ひろば
 渋沢が関わった鉄道会社の資料を中心に展示します.
■鉄道博物館について
所在地埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
交通JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金一般1330円,小中高生620円,幼児(3歳以上未就学児)310円
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,「事前購入制」となっています.あらかじめセブンイレブン,ローソン,ミニストップで販売される時間指定の「入館券」(枚数限定)を購入してください.
※団体料金など,詳しくは,鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間10時~17時(入館は16時30分まで)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,開館時間が短縮されています.
休館日毎週火曜日および年末年始
ご案内