×

鉄道博物館で「空港アクセス ミニ展示」開催

鉄道博物館で「空港アクセス ミニ展示」開催

成田空港アクセス関係資料

鉄道博物館で「空港アクセス ミニ展示」開催

関西空港アクセス関係資料

鉄道博物館では,“成田エクスプレス”運行開始30周年を記念した「空港アクセス ミニ展示」を,2021(令和3)年9月13日(月)まで開催しています.

※写真はいずれも鉄道博物館WEBサイトから

続きをみる

開催期間 2021(令和3)年9月13日(月)まで
※期間中の休館日...9月7日(火)
開催場所 鉄道博物館 南館3階 歴史ステーション 中央時計ひろば
内容 ●“成田エクスプレス”が運転を開始してから30年を迎えるとともに,“成田エクスプレス”と京成電鉄の“スカイライナー”が成田国際空港のターミナル直下駅に乗入れを開始してからも30年を迎えました.
●ミニ展示では成田・羽田・関西の3空港を取り上げ,各空港へアクセスする鉄道にちなんだ資料が展示されます.
■鉄道博物館について
所在地 埼玉県 さいたま市大宮区 大成町3-47
交通 JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1330円,小中高生620円,幼児(3歳以上未就学児)310円
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,「事前購入制」となっています.あらかじめセブンイレブン,ローソン,ミニストップで販売される時間指定の「入館券」(枚数限定)を購入してください.
※団体料金など,詳しくは,鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため,開館時間が短縮されています.
休館日 毎週火曜日および年末年始
ご案内