×

2月20日〜3月16日
京都鉄道博物館で「藍よしのがわトロッコ」を特別展示

access_time
2021年2月10日掲載
京都鉄道博物館で「藍よしのがわトロッコ」を特別展示

京都鉄道博物館では,2021(令和3)年2月20日(土)から3月16日(火)までの間,JR四国の「藍よしのがわトロッコ」を特別展示します.
 また特別展示にあわせて,関連イベントを開催します.

※写真:京都鉄道博物館共同ニュースリリースから

続きをみる

■「藍よしのがわトロッコ」の特別展示について
展示期間 2021(令和3)年2月20日(土)から3月16日(火)まで
※休館日を除く.
※入線は,2月19日(金)の開館時間中に行なう予定です.
展示場所 本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
展示車両 藍よしのがわトロッコ(キクハ32-501+キハ185-20)
※入線セレモニーは実施いたしません.
※新型コロナウイルスの感染状況により,展示内容が中止・変更となる場合があります.
※JR四国・JR西日本の営業線を運転して搬入するため,輸送上の都合により展示の中止や展示車両を変更する場合があります.
イベントなど ●車外ステップからの車内見学
・内容
 車外に設置したステップから,「藍よしのがわトロッコ」の車内(キクハ32-501)を車外から見学できます(車内に立ち入ることはできません).
 ステップを設置した反対側の車外に,沿線の風景を再現したパネルを設置し,車窓の雰囲気を演出します.
 車内には,徳島県美馬市木屋平(こやだいら)地域で作られた案山子(かかし)が設置されます(記念撮影が可能です).
・開催期間...展示期間中の営業時間内
●物産展の開催
 徳島県による物産展と,JR四国によるグッズ販売を行ないます.
・開催日時...2月20日(土)・21日(日),3月14日(日)
・開催場所...本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
●徳島県観光情報の紹介
・内容
 「藍よしのがわトロッコ」の運転区間である徳島線沿線を中心に,ポスターやパンフレットなどで徳島県の魅力を紹介します.
・開催期間...展示期間中の営業時間内
・開催場所...本館1F「車両のしくみ/車両工場」エリア
■京都鉄道博物館について
所在地 京都府 京都市 下京区観喜寺町
交通 JR山陰本線(嵯峨野線)梅小路京都西駅下車,徒歩約2分
※上記以外でのアクセス方法は,京都鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1200円,大学生・高校生1000円,中学生・小学生500円,幼児(3歳以上未就学児)200円
※団体料金など,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
※新型コロナウイルス感染症対策はこちら(PDFファイル)をご覧ください.
開館時間 ●2021(令和3)年2月28日(日)まで
 10時~17時30分(入館は17時まで)
●2021(令和3)年3月1日(月)から
 10時〜17時(入館は16時30分まで)

※詳しくは,京都鉄道博物館のページ(PDFファイル)をご覧ください.
休館日 毎週水曜日および年末年始
※祝日,および,春休み(3月25日~4月7日)・夏休み(7月21日~8月31日)の水曜日は開館します.
※休館日について,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内