×

豊島区郷土資料館で,収蔵資料展「豊島区を走る都電」開催

access_time
2020年11月10日掲載
豊島区郷土資料館で,収蔵資料展「豊島区を走る都電」開催

豊島区郷土資料館では,2021(令和3)年1月10日(日)までの間,収蔵資料展「豊島区を走る都電」を開催しています.

※画像:豊島区提供

開催期間2021(令和3)年1月10日(日)まで
※休館日...月曜,第3日曜,祝日,11月24日(火),12月28日(月)~1月4日(月)
開催場所豊島区郷土資料館
東京都豊島区西池袋2-37-4 としま産業振興プラザ(IKE・Biz)7階
開館時間9時~16時30分
会場への交通JR池袋駅下車,西口から徒歩約7分
入館料無料
内容●今回の収蔵資料展では,昭和から平成にかけて都電の姿を写真に収め続けた写真家・松井一彦氏による寄贈写真を中心に,都電と都電を利用する人々の姿を紹介します.
●荒川線を紹介するコーナーでは,平成,令和に撮影した都電の写真や車両を管理する荒川電車営業所(荒川車庫)内の写真,都電関連グッズなどを展示します.
そのほか●収蔵資料展記念講演会「としまの交通史」(要事前申込,無料,応募者多数の場合は抽選)
 豊島区を走る都電の変遷を含め,近代以降の豊島区の交通インフラについて講演します.
・開催日時...12月19日(土)14時〜15時30分
・会場...としま産業振興プラザ6階 第3会議室
・講師...伊藤暢直氏(豊島区教育委員会庶務課文化財係学芸員)
・申込締切...11月25日(水)必着
※詳しくは,豊島区のページをご覧ください.
●展示見どころ解説(申込不要)
・開催日...11月28日(土),12月26日(土)
・開催時間...各日14時〜14時40分ごろ
・参加方法...各日,郷土資料館展示室まで集合してください.
●庁舎まるごとミュージアム(パネル展示)
・開催期間...2021(令和3)年1月10日(日)まで
・開催場所...豊島区役所本庁舎 3階通路
ご案内