×

金沢くらしの博物館で,企画展「市電が走った時代」開催

access_time
2020年10月20日掲載
label
金沢くらしの博物館で,企画展「市電が走った時代」開催

金沢くらしの博物館では,2020(令和2)年11月15日(日)までの間,企画展「市電が走った時代」を開催しています.

画像:金沢くらしの博物館WEBサイトから

続きをみる

開催期間 2020(令和2)年11月15日(日)まで
※期間中は無休.
開館時間 9時30分〜17時
※入館は16時30分まで.
場所 金沢くらしの博物館(紫錦台中学校敷地内)
会場への交通 JR金沢駅下車,兼六園口バスターミナル6番乗り場から,北鉄バス11・12・16系統で「石引町」下車,徒歩約1分.
※詳しくは,金沢くらしの博物館のページをご覧ください.
観覧料 一般310円,高校生以下無料
※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方とその介護者...210円(祝日無料)
内容 当時の市電にまつわる資料とともに,街並みや観光地などの懐かしい風景などを紹介します.
●市電関連...模型,方向幕,切符,街並みの写真パネル など(85点)
●懐かしい風景...今は見られなくなった観光地や風景の写真パネル など(35点)
●上記のほか,戦後の街並みのパノラマ写真なども廊下で展示されています.
ご案内