×

7月11日〜9月27日
釧路市立博物館で企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」開催

access_time
2020年6月28日掲載
釧路市立博物館で企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」開催

釧路市立博物館では,2020(令和2)年7月11日(水)から9月27日(日)までの間,企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」を開催します.
 また,関連イベントとして9月6日(日)に開催する講座「出発進行!鉄道を学ぼう・鉄道で学ぼう」への参加者を募集します(要事前申込・抽選制).

画像:釧路市立博物館WEBサイトから

■企画展「道東の鉄路~国鉄釧路機関区・酒井豊隆の記録~」について
開催期間 2020(令和2)年7月11日(土)〜9月27日(日)
※期間中の休館日...毎週月曜(8月10日・9月21日を除く),8月11日(火)
会場 釧路市立博物館1階 マンモスホール
※入場無料
内容 ●国鉄釧路機関区の機関士であった酒井豊隆氏が,根室本線・釧網本線など道東の国鉄各線(釧路鉄道管理局管内)や,雄別鉄道など釧路炭田の炭鉱鉄道で撮影した作品を展示します.
●2020(令和2)年9月には,作品集(小冊子)を発売します(税込1200円,通信販売あり)
※作品集(小冊子)の詳細については,後日発表されます.
■講座「出発進行!鉄道を学ぼう・鉄道で学ぼう」について
開催日時 2020(令和2)年9月6日(日)9時15分〜13時30分
集合場所 幸町公園(北海道釧路市幸町12-1)
定員 15名
※小学生は要保護者同伴.
参加費 150円
※参加費には,資料費・保険料が含まれます.
※上記とは別に,音別駅までのJR往復運賃(1940円,小児半額)が必要です.
内容 ●釧路駅近くの幸町公園に保存されているC58を使用して,蒸気機関車が動くしくみを学びます.
●その後,JR根室本線の普通列車で音別駅まで往復し,車窓から鉄道や地域産業とその歴史を学ぶとともに,音別では「音別ふれあい図書館」にある郷土資料展示室を見学します.
申込方法 参加希望者全員の氏名・連絡先を記載し,下記のいずれかの方法でお申込みください.
・ハガキ
・FAX(0154-42-6000)
・申込み用WEBページ
※申込み用WEBページは7月11日(土)以降,釧路市立博物館WEBサイト内にリンクが設定されます.
申込期間 2020(令和2)年7月11日(土)〜8月15日(土)
※定員を超えた場合は抽選となります.
■釧路市立博物館について
所在地 北海道 釧路市 春湖台1-7
交通アクセス 根室本線釧路駅からバスで約15分「市立病院」下車,徒歩5分
※詳しくは,釧路市立博物館のページをご覧ください.
開館時間 9時30分〜17時 ※常設展示室への入場は16時30分まで
休館日 月曜日
※月曜日が祝日の場合は,
・4月から11月3日の間は,開館し,翌平日を振替休館.
・上記以外は,休館.
※11月4日から3月の祝日
※年末年始(12月31日〜1月3日)
※館内整理日
入館料 一般・大学生480円,高校生250円,小・中学生110円
※釧路市内在住または「くしろステイメンバーズカード」をお持ちのの65歳以上の方は入館無料です.
※夏休み・冬休み期間中,釧路市内の小中学生は入館無料です.
※マンモスホールのみの利用は無料です.
※詳しくは,釧路市立博物館のページをご覧ください.
ご案内