×

3月20日〜4月12日
鉄道博物館「てっぱく春フェス2020」開催

access_time
2020年2月23日掲載
鉄道博物館南館に展示の400系・E5系モックアップ

鉄道博物館では,2020(令和2)年3月20日(金祝)から4月12日(日)までの間,「てっぱく春フェス2020」を開催します.
※開催中止となりました(3月13日追記)

写真:鉄道博物館南館に展示の400系・E5系モックアップ 編集部撮影(取材協力:鉄道博物館)

続きをみる

■「てっぱく春フェス2020」
開催期間 2020(令和2)年3月20日(金祝)〜4月12日(日)
※期間中の休館日...4月7日(火)

※開催中止となりました(3月13日追記)
内容 ■新企画
●JR東日本秋田支社「五能線と沿線の魅力を知ろう!」
 五能線に観光列車(ノスタルジックビュートレイン)が導入されてから2020(令和2)年4月で30周年を迎えます.これにあわせ,観光列車の先駆けといわれる「リゾートしらかみ」に関するパネル展示や,沿線自治体による観光PRイベントを実施します.
●ぼくの鉄下(てつした)コンテスト(3歳〜6歳までのお子さま対象)
・靴下の絵がプリントされた専用台紙に自由に色を塗り,自分だけのオリジナルの鉄道の靴下「鉄下(てつした)」を作って応募すると,限定2名の方にデザインした通りの「鉄下」がプレゼントされます.
・また,日本全国の「鉄下」をすべて取り揃えた物販コーナーも設置されます.
■そのほか
●E5系新幹線電車モックアップ グランクラス特別公開
●春休み!「新幹線変形ロボ シンカリオン」がてっぱくにやってくる!!
・E5はやぶさ MkII写真撮影会(定員あり・要整理券)
・E5はやぶさ MkII・E7かがやき展示
●学芸員による鉄道ジオラマバックヤードツアー(定員あり・要整理券・中学生以上対象)
●対話形鑑賞プログラム「鉄道のミカタ」(定員あり・小学3年生以上対象)
●新1年生・新社会人集まれ!汽笛を鳴らそう!!「転車台回転実演ゲスト機関士」(定員・対象あり)
●鉄道博物館ワークシートオールスターズ(なくなり次第,配布終了)
●オリジナル木製車両「MOKU TRAIN」をつくろう!
 ※参加希望の方は,「ミュージアムショップ TRAINIART」でイベント用に販売される「MOKU TRAIN」(税込1500円)の購入が必要です.
●きかんしゃトーマスのオリジナルキーホルダーをつくろう!
 ※参加希望の方は,「ミュージアムショップ TRAINIART」でイベント用に販売される専用プレート「リングタイプ」(税込1100円)または「フォトフレームタイプ」(税込1320円)の購入が必要です.
●全線運転再開記念 常磐線駅弁まつり
※各イベントの詳細については,鉄道博物館のページ(PDFファイル)をご覧ください.
■鉄道博物館について
所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
交通 JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1330円,小中高生620円,幼児(3歳以上未就学児)310円
※消費税率引き上げにともない,上記料金に変更となりました.
※団体料金など,詳しくは,鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎週火曜日および年末年始
※春休み,夏休みなど学校の長期休業中の火曜日は,開館する場合があります.
※休館日について,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内