×

4月1日〜7月5日
鉄道博物館で企画展「全線運転再開記念 常磐線展」開催

access_time
2020年2月23日掲載
JR東日本651系

鉄道博物館では,常磐線の全線運転再開を記念して,2020(令和2)年4月1日(水)から7月5日(日)までの間,企画展「全線運転再開記念 常磐線展」を開催します.
※開催期間が変更となりました(3月30日追記).

写真:JR東日本651系  編集部撮影  小山電車区にて  1988-12-20(取材協力:JR東日本)

※写真はイメージです.

開催期間 2020(令和2)年開館次第〜7月5日(日)
※臨時休館延長のため,開催期間が変更となりました(3月30日追記).
開催場所 鉄道博物館 本館2F スペシャルギャラリー1
内容 130年におよぶ常磐線のあゆみや路線の特徴などについて,資料や写真,映像などを通じて振り返り,新たな一歩を踏み出す常磐線の復旧のようすや各駅の姿を紹介します.
●おもな展示内容
I 常磐線のあゆみ
II 東日本大震災を乗り越えて
III 常磐線全駅紹介
IV 常磐線を駆け抜けた車両たち
入場料 無料 ※入館料のみ必要です.
■鉄道博物館について
所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
交通 JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1330円,小中高生620円,幼児(3歳以上未就学児)310円
※消費税率引き上げにともない,上記料金に変更となりました.
※団体料金など,詳しくは,鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎週火曜日および年末年始
※春休み,夏休みなど学校の長期休業中の火曜日は,開館する場合があります.
※休館日について,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内