11月2日〜2020年1月12日
釧路市立博物館で写真展「太平洋石炭販売輸送 臨港線」開催

access_time
2019年10月24日掲載
釧路市立博物館で写真展「太平洋石炭販売輸送 臨港線」開催

釧路市立博物館では,2019(令和元)年11月2日(土)から2020(令和2)年1月12日(日)までの間,写真展「太平洋石炭販売輸送 臨港線」を開催します.
 また,11月30日(土)には,2019(令和元)年6月に開催し好評であった上映会「釧路の石炭列車」をアンコール開催します.

写真:釧路市立博物館提供

■写真展「太平洋石炭販売輸送 臨港線」について
開催期間 2019(令和元)年11月2日(土)〜2020(令和2)年1月12日(日)
※期間中の休館日
 ・11月4日(月休)・5日(火)・11日(月)・18日(月)・23日(土祝)・25日(月)
 ・12月2日(月)・9日(月)・12日(木)・16日(月)・23日(月)・29日(日)〜31日(火)
 ・1月1日(水祝)〜3日(金)・6日(月)
会場 釧路市立博物館1階 マンモスホール
※入場無料
内容 2019(令和元)年3月末で石炭輸送を終了し,6月末をもって廃止になった国内最後の炭鉱鉄道である太平洋石炭販売輸送 臨港線(旧釧路臨港鉄道)について,釧路市立博物館と釧路臨港鉄道の会が十数年間にわたり記録した写真から,躍動感ある石炭列車の姿を展示します.
■上映会「釧路の石炭列車」(アンコール)について
開催日時 2019(令和元)年11月30日(土)13時30分〜16時
会場 釧路市立博物館 講堂
※入場無料,申込不要
内容 蒸気機関車が活躍していた1960年代の貴重なカラー映像や,1980年代の国鉄連絡輸送廃止の記念列車、そして2019(令和元)年2月から最終運行までの記録など4本の作品を上映予定です.
■釧路市立博物館について
所在地 北海道 釧路市 春湖台1-7
交通アクセス 根室本線釧路駅からバスで約15分「市立病院」下車,徒歩5分
※詳しくは,釧路市立博物館のページをご覧ください.
開館時間 9時30分〜17時 ※常設展示室への入場は16時30分まで
休館日 月曜日
※月曜日が祝日の場合は,
・4月から11月3日の間は,開館し,翌平日を振替休館.
・上記以外は,休館.
※11月4日から3月の祝日
※年末年始(12月31日〜1月3日)
※館内整理日
入館料 一般・大学生480円,高校生250円,小・中学生110円
※釧路市内在住または「くしろステイメンバーズカード」をお持ちのの65歳以上の方は入館無料です.
※夏休み・冬休み期間中,釧路市内の小中学生は入館無料です.
※マンモスホールのみの利用は無料です.
※詳しくは,釧路市立博物館のページをご覧ください.
ご案内