9月28日・29日
鉄道博物館「鉄道連絡船スペシャルイベント」開催

access_time
2019年9月11日掲載
在りし日の青函連絡船十和田丸

写真:在りし日の青函連絡船十和田丸

雪の中,青函連絡船に積み込まれる郵便車

写真:雪の中,青函連絡船に積み込まれる郵便車

鉄道博物館では,2019(令和元)年9月28日(土)・29日(日)の2日間,「鉄道連絡船スペシャルイベント」を開催します.

※写真はいずれも,鉄道博物館ニュースリリースから

続きをみる

開催日 2019(令和元)年9月28日(土)・29日(日)
※開催時間は各イベントで異なります.
※歴史ステーションでの資料展示は,9月11日(水)から10月14日(月祝)までの予定
内容 (1)青函連絡船の旅体験ツアー
●開催時間...各日13時〜13時30分
●集合場所...本館1F 車両ステーション 485系電車前(上野駅ホーム)
●内容
 ・東北本線特急の車内放送実演と,青函連絡船乗船名簿配布・記入体験
 ・コキ50000形貨車の連絡船での緊締具(車両を船に固定する器具)取り付け実演
(2)青函連絡船講座と仕事実演
●開催時間...各日13時30分〜15時30分
●集合場所...南館1F 仕事ステーション E5系新幹線前特設会場
●内容
 ・青函連絡船の時代~その役割と歴史を知る
 ・青函連絡船甲板部と無線部の仕事,電信の実演・体験 ※28日のみ
 ・青函連絡船機関部と事務部の仕事,飾り毛布の実演・体験 ※29日のみ
※「青函連絡船の旅体験ツアー」からそのまま参加できます.途中参加,退席も可能です.
(3)青函連絡船と桟橋可動橋の模型展示
●展示場所...南館1F 仕事ステーション E5系新幹線前特設会場
(4)鉄道連絡船特別資料展
●開催期間...9月11日(水)~10月14日(月祝)※予定
●開催場所...南館3F 歴史ステーション中央時計広場,常設展示室
●おもな展示内容
 ・明治末期の函館桟橋設計図
 ・大正時代の稚泊連絡船亜庭丸新造請負契約書と図面
 ・稚泊連絡船亜庭丸模型 ※歴史ステーション3期展示室に新規常設
 ・初代十和田丸図面 ※資料保護のため期間中に一部展示替えを行ないます.
■鉄道博物館について
所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
交通 JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 ●2019(令和元)年9月30日(月)まで
 一般1300円,小中高生600円,幼児(3歳以上未就学児)300円
●2019(令和元)年10月1日(火)から
 一般1330円,小中高生620円,幼児(3歳以上未就学児)310円
※消費税率引き上げにともない,上記料金に変更となります.
※団体料金など,詳しくは,鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎週火曜日および年末年始
※春休み,夏休みなど学校の長期休業中の火曜日は,開館する場合があります.
※休館日について,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内

ニュース記事アクセスランキング

イベント記事アクセスランキング