JR北海道,『和寒駅「開駅120周年」記念企画展示』を開催

access_time
2019年8月10日掲載
JR北海道,『和寒駅「開駅120周年」記念企画展示』を開催

JR北海道では,宗谷本線の和寒駅が開駅120周年を迎えることを記念し,2019(令和元)年8月17日(土)から『和寒駅「開駅120周年」記念企画展示』を開催します.

開催期間 2019(令和元)年8月17日(土)〜11月下旬(予定)
※和寒駅の開駅日は11月15日ですが,2019(令和元)年は観光列車「風っこそうや号」が運転されているため,これにあわせた日程で企画が実施されます.
※展示終了期日は,都合により前後する場合があります.
内容 ●和寒駅でのイベント
(1)「明治から令和へ・和寒駅120年の歴史」ミニ写真展
 和寒駅や隣接する塩狩の歴史がわかる写真が,和寒駅待合室に展示されます.あわせて,和寒駅120年の年表も掲出されます.
(2)「おかげさまで120周年」記念横断幕の掲出
 国道側出入り口上部・ホーム側出入り口上部に,横断幕が掲出されます.
●和寒町交流施設「ひだまり」でのイベント
(1)列車ヘッドマークプレート展示
 ・かつて和寒駅や塩狩駅を走った臨時列車のヘッドマーク(レプリカ)が展示されます.
 ・展示は“SL塩狩峠号”・“塩狩峠さくらノロッコ号”・“塩狩峠号”(三浦綾子「塩狩峠」50周年時に運転の団体臨時列車)の3点です.
(2)和寒駅120周年顔出しパネルスタンド
 記念撮影用に用意されます.
 ※「ひだまり」内に設置する展示については,施設開館時間内(8時30分~20時)に見学できます.
ご案内 『和寒駅「開駅120周年」記念企画展示』の開催について(JR北海道ニュースリリース,PDFファイル)