8月31日〜9月1日
ひたちなか海浜鉄道で「ローカル鉄道・地域づくり大学 サマースクール2019」開催

access_time
2019年7月22日掲載
ひたちなか海浜鉄道で「ローカル鉄道・地域づくり大学 サマースクール2019」開催

「ローカル鉄道・地域づくり大学」では,「2019年度サマースクール」を,2019(令和元)年8月31日(土),9月1日(日)の2日間,茨城県ひたちなか市で開催します(要事前申込,先着順).
 今回は,座学では,アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」の聖地として大洗町の地域活性化を成功に導いた,Oarai クリエイティブマネジメント代表取締役 常盤良彦氏による講座や,富山大学副学⻑ 中川大氏,富山大学都市デザイン学部教授 金山洋一氏による,日本の地方鉄道の現状と将来を考える講座など,ローカル鉄道のケーススタディをもとにした,講座を全5回実施します.
 さらに,「湊線を支えるキーパーソン達」をテーマにしたパネルディスカッションや,おらが湊鐵道応援団のメンバーとともにローカル鉄道経営のお手本と言われる「ひたちなか海浜鉄道」を巡るフィールドワークを開催し,参加者の理解を深めます.

写真提供:ローカル鉄道・地域づくり大学

開催日 2019(令和元)年8月31日(土),9月1日(日)の2日間
開催場所 茨城県ひたちなか市 勝田駅・那珂湊駅・阿字ヶ浦駅周辺 など
内容 ■8月31日(土)
●フィールドワーク:ひたちなか海浜鉄道・那珂湊駅周辺を訪ねる
●パネルディスカッション:湊線を支えるキーパーソン達
●座学:ガルパンで地域活性化成功の秘訣
●座学:地方鉄道経営の限界と可能性
■9月1日(日)
●座学:日本の地方鉄道の現状と将来 ―再び世界に誇れる地方交通に―
●座学:マスメディアに取り上げられやすい鉄道イベントの秘訣
●座学:ひたちなか海浜鉄道 ケーススタディ
費用 35000円(税込)
※費用には,宿泊費,1日目夕食・懇親会費,2日目朝食・昼食代が含まれます.
定員 60名
対象 ●鉄道が好きで,ふだんは経験できないことを学びたいと思っている方
●将来,鉄道の経営に関わりたいと思っている方
●鉄道など公共交通事業に従事されている方
●旅行,乗りつぶし,写真,ダイヤ,車両など鉄道が好きなレールファンの方
●交通政策や地方創生に関わっている地域・行政関係者 など
申込方法 ローカル鉄道・地域づくり大学のページから応募ページにアクセスしてください.
申込締切 2019(令和元)年8月20日(火)※先着順
ご案内 サマースクール2019の開催について(ローカル鉄道・地域づくり大学WEBサイト)