「夏休みに集めよう!もっとつながる木次線カード」実施

access_time
2019年7月15日掲載
「夏休みに集めよう!もっとつながる木次線カード」実施

JR木次線の沿線4市町(松江市・雲南市・奥出雲町・庄原市)でつくる木次線利活用推進協議会では,2019(令和元)年7月20日(土)から,「夏休みに集めよう!もっとつながる木次線カード」を実施します.
 これは,JR木次線の利用促進のため,南宍道駅から油木駅までの16の駅舎をモチーフとした「もっとつながる木次線カード」を作成し,JR西日本米子支社木次鉄道部と島根県の協力を得て,配布するものです.

続きをみる

配布期間 2019(令和元)年7月20日(土)〜8月31日(土)
※なくなり次第,配布終了.
配布場所など ●下記,木次線5駅の窓口
 加茂中駅・出雲大東駅・木次駅・出雲三成駅・出雲横田駅
※配布駅5駅の利用で,駅カード16駅すべてがそろいます.
※配布駅ごとに窓口営業日・営業時間が異なります.
※係員が不在の時間帯があります.
配布条件 ●JR木次線を利用して各配布駅で乗車または降車し,窓口へ申告された方.
※青春18きっぷを含む,JR木次線内で乗降可能な有効な切符を所有されている方に限ります(定期券は対象外).
※切符の購入のみの方への配布は行ないません.
配布数 各配布駅 先着300名
※各配布駅とも,配布はひとり1セットのみ.
ご案内 「夏休みに集めよう!もっとつながる木次線カード」の実施について(木次線利活用推進協議会WEBサイト)

ニュース記事アクセスランキング

イベント記事アクセスランキング