7月14日
下松市制施行80周年記念「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」開催

access_time
2019年6月4日掲載
label
下松市制施行80周年記念「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」開催

山口県下松市(くだまつし)では,2019(令和元)年7月14日(日)に,下松市制施行80周年記念イベントとして「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」を開催します.

「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」ようす

 これは,日立製作所笠戸事業所で製造されているイギリス向け高速鉄道車両「Class800シリーズ」の国内製造が終盤を迎えることにあわせて,通常夜間に実施されている同事業所から下松第2埠頭までの陸上輸送(陸送)を日中に行なうものです.

「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」ようす

続きをみる

開催日時 2019(令和元)年7月14日(日)
10時陸送スタート,11時下松第2埠頭到着予定.
観覧場所 ●観覧エリア...下松市市民運動場周辺
山口県下松市大字末武下620-1
●イベントエリア...くだまつスポーツセンター
●ものづくりミュージアム...市民交流センター「きらぼし館」
※会場周辺には,臨時駐車場(合計9ヵ所)も設置されます.
イベント概要 ●通常は交通量の少ない深夜に実施される鉄道車両の陸上輸送を,日中に見学可能なイベントとして開催します.
●日立製作所笠戸事業所で製造されている英国向け高速鉄道車両「Class800シリーズ」の先頭車両2台を,それぞれ専用トレーラに搭載し,同事業所から下松第2埠頭までの約2kmを陸送します.
ご案内

ニュース記事アクセスランキング

イベント記事アクセスランキング