×

5月11日・12日
鉄道博物館で,『対話型鑑賞プログラム「鉄道車両のミカタ」』を開催

access_time
2019年5月10日掲載
鉄道博物館で,『対話型鑑賞プログラム「鉄道車両のミカタ」』を開催
鉄道博物館で,『対話型鑑賞プログラム「鉄道車両のミカタ」』を開催/実施イメージ

鉄道博物館では,2019(令和元)年5月11日(土)・12日(日)の2日間,『対話型鑑賞プログラム「鉄道車両のミカタ」〜iPadでビデオや音楽を作って、みんなで一緒に考えよう!〜』を開催します(先着順).

続きをみる

開催日 2019(令和元)年
●5月11日(土)...「オリジナルビデオ」を作る 特別プログラム
●5月12日(日)...「オリジナル曲」を作る 特別プログラム
※日によって内容が異なります.
開催時間 各日11時〜12時,14時30分〜15時30分
会場 鉄道博物館 本館1F 車両ステーション
対象 小学3年生以上のお子さま
※保護者・幼児同伴可
定員 各回10名 ※先着順
申込方法 各日10時から,本館1F 車両ステーション クハ181形電車前で,2回分すべての整理券を配布します.
※配布は,ひとり1回限りです.
※定員になり次第,受付を終了します.
※iPadは,お子さまひとりに1台貸し出します.
参加費 無料
※入館料のみで参加可能です.
内容 ●2018(平成30)年12月に開催した,鉄道の新たな楽しみ方を提供する「対話型鑑賞イベント」の第2弾です.
●今回は,昭和時代に活躍した特急“とき”と,新幹線車両を題材に,当時の時代背景や歴史を感じながら,iPadを使用して,鉄道の「見た目」や「音」に着目し,「オリジナルビデオ」や「オリジナル曲」を作成します.
●鉄道の「見た目」や「音」に関する疑問や気づきを,学芸員や参加者同士のコミュニケーションを図る対話形式で共有していきながら,鉄道への学びを深めます.
●参加記念として,作成した作品をデータで持ち帰ることができるほか,鉄道博物館のノベルティグッズ(非売品)がプレゼントされます.
■鉄道博物館について
所在地 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
交通 JR大宮駅からニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」下車,徒歩1分
※詳しいアクセス方法は,鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1300円,小中高生600円,幼児(3歳以上未就学児)300円
※2018(平成30)年7月5日(木)から,上記料金に変更となりました.
※団体料金など,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎週火曜日および年末年始
※春休み,夏休みなど学校の長期休業中の火曜日は,開館する場合があります.
※休館日について,詳しくは鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内