5月22日〜11月1日
阪急「8000系車両誕生30周年記念列車・第2弾」運転

access_time
2019年4月30日掲載
阪急「8000系車両誕生30周年記念列車」運転

阪急電鉄では,8000系車両の誕生30周年を記念して,2019(令和元)年5月22日(水)から,記念列車の第2弾を神戸線・宝塚線・京都線の各線で順次運転します.

写真:阪急8000系  編集部撮影  正雀車庫にて  1988-10-24(取材協力:阪急電鉄)

内容 ●第1弾で好評の『8000系車両誕生30周年記念列車』を,運転路線を宝塚線・京都線にも拡大します.
●第1弾の8000編成(神戸線)に加えて,8004編成(宝塚線),8300編成(京都線)にも前面窓下飾り帯,Hマーク,旧社章の装飾を施します.
●両先頭車のヘッドマークは,新たに30年前のデビューヘッドマークをイメージしたデザインなどの4種類を制作し,各列車に掲出します.
※ヘッドマークは,大阪方・神戸方でそれぞれデザインが異なります(神戸線・宝塚線は同じデザインです).
※8300編成の前面飾り帯は,額縁部を現状のままで貼り付けます.
※ヘッドマークの掲出は9月30日(月)までです.
運転期間 ●神戸線8000編成...2019(令和元)年5月22日(水)〜11月1日(金)
●宝塚線8004編成...2019(令和元)年5月28日(火)〜11月1日(金)
●京都線8300編成...2019(令和元)年5月24日(金)〜11月1日(金)
ご案内 「8000系車両誕生30周年記念列車・第2弾」の運行について(レールファン阪急のページ)