京都鉄道博物館で,収蔵写真展「かつての鉄道風景~鉄道で働く人々~」開催

access_time
2019年4月6日掲載
京都鉄道博物館で,収蔵写真展「かつての鉄道風景~鉄道で働く人々~」開催

京都鉄道博物館では,2019(令和元)年7月15日(月祝)までの間,収蔵写真展「かつての鉄道風景~鉄道で働く人々~」を開催しています.

続きをみる

開催期間 2019(令和元)年7月15日(月祝)まで
※休館日にご注意ください.
開催場所 京都鉄道博物館 本館3階 ギャラリー
内容 「鉄道で働く人々」をテーマに,昭和30年代の改札口のようすやラッシュ時の風景など,かつての鉄道で働く人々の姿を収めた写真を展示します.
■京都鉄道博物館について
所在地 京都府京都市下京区観喜寺町
交通 JR京都駅下車,中央口から西へ徒歩約20分
※バスなどの詳しいアクセス方法は,京都鉄道博物館のページをご覧ください.
入館料金 一般1200円,大学生・高校生1000円,中学生・小学生500円,幼児(3歳以上未就学児)200円
※団体料金など,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
開館時間 10時~17時30分(入館は17時まで)
休館日 毎週水曜日および年末年始
※祝日,および,春休み(3月25日~4月7日)・夏休み(7月21日~8月31日)の水曜日は開館します.
※休館日について,詳しくは京都鉄道博物館のページをご覧ください.
ご案内 ●収蔵写真展「かつての鉄道風景~鉄道で働く人々~」の開催について

JR西日本ニュースリリース(最下部)