港区立郷土歴史館で,企画展「平成と港区」開催

港区立郷土歴史館で,企画展「平成と港区」開催

港区立郷土歴史館では,2019年5月26日(日)までの間,企画展「平成と港区」を開催しています.

 本展では,平成を象徴する資料や生活用品,皇室と港区の関わり,区内の再開発や新しい交通などについて紹介し,平成という時代を振り返ります.

開催日時 2019年5月26日(日)まで
※期間中の休館日は,3月20日(水),4月18日(木),5月16日(木)です.
会場 港区立郷土歴史館 特別展示室
東京都港区白金台4-6-2 ゆかしの杜内
会場への交通 東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅下車,2番出口から徒歩約1分.
※詳しくは,港区立郷土歴史館のページをご覧ください.
内容 ●平成の幕開け
●皇室と港区
●平成期の社会
●平成期のモノ
●区内の再開発
●平成期の港区の交通
●新交通ゆりかもめ関係資料(協力:株式会社ゆりかもめ)
開館時間 9時〜17時(土曜のみ9時〜20時)
※常設展示・特別展示室の入館受付は,閉館の30分前まで.
休館日 ●毎月第3木曜日
 ※第3木曜日が祝日などの場合は開館し,その前日の水曜日に休館します.
●年末年始(12月29日~1月3日)
●特別整理期間
観覧料 ●企画展のみ...大人200円,小中高校生 100円
●常設展のみ...大人300円,小中高校生 100円
●セット券...大人400円,小中高校生 100円
※港区民無料公開日...5月5日,8月11日,11月3日
※港区内在住の方は,証明できるものを持参してください.
ご案内
2019年3月11日掲載|22日(月)の記事一覧