3月12日〜4月21日
地下鉄博物館で特別展「地下鉄の環境展〜地下鉄車両を中心として3Rの取組み〜」開催

2019年2月28日掲載
地下鉄博物館で特別展「地下鉄の環境展〜地下鉄車両を中心として3Rの取組み〜」開催

地下鉄博物館では,2019(平成31)年3月12日(火)から4月21日(日)までの間,特別展「地下鉄の環境展〜地下鉄車両を中心として3Rの取組み〜」を開催します.

続きをみる

開催期間 2019(平成31)年3月12日(火)〜4月21日(日)
会場 地下鉄博物館 ホール
内容 東京メトロが取り組んでいるさまざまな環境活動の実績などを記載した「社会環境報告書」を参考にしつつ,とくに地下鉄車両にスポットをあて,「新形車両の導入により,古い電車はどこへ行ってしまったのか」などについて,3つのR(REDUCE・REUSE・RECYCLE)の視点から展示解説し,パネルなどでわかりやすく紹介します.
●3R活動とは
 広く一般に知られている,環境に関する3Rの活動を紹介します.
●地下鉄車両の環境への取組み
 車両の規格統一,売却,譲渡などについて3Rの視点から紹介します.
●建設や駅,設備などの環境への取組み
 駅設備の取組み(照明や電気など)や,乗車券のリサイクルなどについて紹介します.
●そのほか
 収蔵品の展示や,ミニシアターでの上映も行ないます.
■地下鉄博物館について
所在地 東京都江戸川区東葛西6-3-1
最寄り駅 東京メトロ東西線 葛西駅(高架下)
開館時間 10時~17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日・振替休日となる場合はその翌日)
※年末年始の12月30日~1月3日は休館
入館料 おとな210円,こども(4歳以上中学生まで)100円
ご案内