9月1日〜12月3日
原鉄道模型博物館「東急電鉄展~街と人のために~」開催

原鉄道模型博物館「東急電鉄展~街と人のために~」開催

原鉄道模型博物館では,東京急行電鉄とのタイアップ企画として,2018(平成30)年9月1日(土)から12月3日(月)までの間,「東急電鉄展~街と人のために~」を開催します.

開催期間 2018(平成30)年9月1日(土)〜12月3日(月)
内容 ●田園都市(株)と日本初のオールステンレスカーの実際を伝える貴重な記録や写真,資料の展示
●「ぺこちゃん」の愛称で知られる東急デハ200形の1番ゲージ模型公開
●東急7000系のルーツである世界初のステンレスカー「バーリントン・ゼファー号」公開(原信太郎作)
 「デハ200形1番ゲージ模型」と「バーリントン・ゼファー号」は,館内「いちばんテツモパーク」で走行します.なお,イベント初日(9月1日)には出発式を実施します.
 ・開催日時...9月1日(土)10時30分〜
 ・開催場所...いちばんテツモパーク
●溶接関連セミナー
●東急電鉄 子ども制服イベント など
※詳しくは,原鉄道模型博物館のページで随時お知らせします.
原鉄道模型博物館について
所在地 神奈川県横浜市西区高島1-1-2 横浜三井ビルディング2階
交通 みなとみらい線新高島駅下車,徒歩2分
※詳しくは,原鉄道模型博物館のページをご覧ください.
入館料金 大人1000円,中学・高校生700円,小人(4歳以上)500円
開館時間 10時〜17時(入館は16時30分まで)
※予告なく営業時間を変更する場合があります.
※2016(平成28)年4月1日(金)から,上記の時間帯に変更になりました.
休館日 毎週火曜日(祝日の場合は翌営業日に振替)
ご案内 ●「東急電鉄展~街と人のために~」の開催について


2018年8月23日掲載|14日(水)の記事一覧