8月25日・26日
ひたちなか海浜鉄道で「ローカル鉄道・地域づくり大学 サマースクール2018」開催

2018年7月10日掲載
ひたちなか海浜鉄道で「ローカル鉄道・地域づくり大学 サマースクール2018」開催

「ローカル鉄道・地域づくり大学」では,「2018年度サマースクール」を,茨城県ひたちなか市で開催します(要事前申込,先着順).
 今回は,座学では延伸計画が具体化してきているひたちなか海浜鉄道の事例を,事業者およびひたちなか市担当者が解説する「湊線延伸計画の現状と課題」や,各地の公共交通プロジェクトに参画し,その再生を担ってきた中川大・富山大学副学長による「地方鉄道の復活に向けてー諸悪の根源は〇〇だー」などローカル鉄道の現状や課題,問題点などについて解説,対応策を考えます.
 また,フィールドワークでは,ローカル鉄道の沿線住民および遠来の観光客にアピールする,鉄道を見る視点を磨くためのワークショップや沿線魅力発信のための写真講座を行ないます.

写真提供:ローカル鉄道・地域づくり大学

続きをみる

開催日 2018(平成30)年8月25日(土)・26日(日)の2日間
開催場所 茨城県ひたちなか市 勝田駅・那珂湊駅・阿字ヶ浦駅周辺 など
内容 ■8月25日(土)
●座学:ひたちなか海浜鉄道を“取材”する
●フィールドワーク:沿線魅力発信のための写真講座(※)
●フィールドワーク:那珂湊駅 機関区見学(※)
●座学:公的な立場の方のためのソーシャルマーケティング講座(※)
●ワークショップ:ローカル鉄道・地域づくり相談会
■8月26日(日)
●座学:湊線延伸計画の現状と課題
●座学:地方鉄道の復活に向けてー諸悪の根源は〇〇だー
●フィールドワーク:ひたちなか海浜鉄道を“取材”する
●座学:ひたちなか海浜鉄道 ケーススタディ
※8月25日(土)に開催予定の上記(※)は,3コースに分かれて実施します.申込時に希望のカリキュラムをお知らせください.
費用 29000円
※費用には,宿泊費,1日目夕食・懇親会費,2日目朝食・昼食代が含まれます.
定員 60名
対象 ●鉄道が好きで、普段は経験できないことを学びたいと思っている方
●将来、鉄道の経営に関わりたいと思っている方
●旅行、乗りつぶし、写真、ダイヤ、車両など鉄道が好きなレールファンの方
●ローカル鉄道のある地域・行政関係者、事業者 など
申込方法 ローカル鉄道・地域づくり大学のページから応募ページにアクセスしてください.
申込締切 2018(平成30)年8月15日(水)※先着順
ご案内 サマースクール2018の開催について(ローカル鉄道・地域づくり大学WEBサイト)