4月29日
ボンネット型特急電車保存会「修復作業完了記念 ボンネットお披露目会」開催

2018年4月24日掲載
ボンネット型特急電車保存会「修復作業完了記念 ボンネットお披露目会」開催

ボンネット型特急電車保存会では,2018(平成30)年4月29日(日祝)に,「修復作業完了記念 ボンネットお披露目会」を開催します.
 この企画は,同保存会で保存している「クハ489-501」について,車体側面と雨樋部分の取り替え作業が完了し,2018(平成30)年の車内一般開放の再開と,展示開始から5周年を迎えることを記念して開催します.

続きをみる

開催日時 2018(平成30)年4月29日(日祝)10時〜15時
※雨天中止(車内開放,運転台見学のみ実施).
会場 土居原ボンネット広場
※各日とも,現地集合・現地解散です.
会場への交通 北陸本線小松駅下車,西口から線路沿いを北へ約350m.
※詳しくは,クハ489-501 ボンネット型特急電車保存会WEBサイトをご覧ください.
開催内容 ●車内開放
●運転席見学体験 ※有料
・参加費(国鉄地紋D型硬券を用意)...300円
※小学生以下のお子さまは,大人同伴での見学をお願いします(1世帯300円となります).
●全国各地を走ったボンネット形特急のヘッドマーク(実物およびレプリカ)の展示
※今回は,車両先頭部に掲示するヘッドマーク撮影会ではありません.
●5インチゲージ「C62形蒸気機関車」の動態展示
●クリアファイル,列車サボなどのオリジナルグッズ販売
そのほか ●車両の展示状態は,「クハ481」,「クロ481-100」,「クハ489-3〜5」をイメージした先頭部になります.
●先頭部のクハ489-501復元は,2018(平成30)年5月中旬以降〜7月中旬までの期間に改めて実施します.
ご案内